クリス・レベンゾン : ウィキペディア(Wikipedia)

クリストファー・ジョン・"クリス"・レベンゾン(According to the State of California. California Birth Index, 1905-1995. Center for Health Statistics, California Department of Health Services, Sacramento, California. Searchable at http://www.familytreelegends.com/records/39461, 1953年10月29日 - )は、アメリカ合衆国の編集技師。1976年から36作の映画を編集している。『トップガン』(1986年)と『クリムゾン・タイド』(1995年)でアカデミー編集賞にノミネートされた。『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2007年)でエディー賞を受賞。

アメリカ映画編集者協会のメンバーである。

フィルモグラフィ

  • (1976)
  • The Private Files of J. Edgar Hoover (1977)
  • The Secret Life of Plants (1979)
  • ウルフェン Wolfen (1981)
  • A Breed Apart (1984)
  • ときめきサイエンス Weird Science (1985)
  • Death of an Angel (1986)
  • トップガン Top Gun (1986) - 第59回アカデミー賞編集賞ノミネート
  • ビバリーヒルズ・コップ2 Beverly Hills Cop II (1987)
  • ウィーズ Weeds (1987)
  • ミッドナイト・ラン Midnight Run (1988)
  • リベンジ Revenge (1990)
  • デイズ・オブ・サンダー Days of Thunder (1990)
  • ハドソン・ホーク Hudson Hawk (1991)
  • バットマン リターンズ Batman Returns (1992)
  • Josh and S.A.M. (1993)
  • エド・ウッド Ed Wood (1994)
  • クリムゾン・タイド Crimson Tide (1995) - 第68回アカデミー賞編集賞ノミネート
  • マーズ・アタック! Mars Attacks! (1996)
  • コン・エアー Con Air (1997)
  • アルマゲドン Armageddon (1998)
  • エネミー・オブ・アメリカ Enemy of the State (1998)
  • スリーピー・ホロウ Sleepy Hollow (1999)
  • 60セカンズ Gone in Sixty Seconds (2000)
  • パール・ハーバー Pearl Harbor (2001)
  • PLANET OF THE APES/猿の惑星 Planet of the apes (2001)
  • トリプルX xXx (2002)
  • 僕はラジオ Radio (2003)
  • ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003)
  • チアガール VS テキサスコップ Man of the House (2005)
  • チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory (2005)
  • ティム・バートンのコープスブライド Corpse Bride (2005)
  • デジャヴ Deja Vu (2006)
  • エラゴン 遺志を継ぐ者 Eragon (2006)
  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 Sweeney Todd (2007) - エディー賞
  • サブウェイ123 激突 The Taking of Pelham 1 2 3 (2009)
  • アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland (2010) 兼製作総指揮
  • アンストッパブル Unstoppable (2010)
  • ダーク・シャドウ Dark Shadows (2012) 兼製作総指揮
  • フランケンウィニー Frankenweenie (2012)
  • マレフィセント Maleficent (2014)
  • ジオストーム Geostorm (2017)

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/01/25 13:52 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「クリス・レベンゾン」の人物情報へ