青木英李 : ウィキペディア(Wikipedia)

青木 英李(あおき えり、1988年10月31日 - )『出演モデル/ゲストモデル|青木英李』 渋谷ガールズコレクション '09S/Sは、日本の女性ファッションモデルならびにタレント『青木英李』 オリコン芸能人事典。身長160センチ『青木英李のプロフィール』 オリコン芸能人事典,日本タレント名鑑、体重40キロ[http://news.livedoor.com/article/detail/3350901/ 『[ダイエット通信]ギャル曽根にみる激ヤセの不思議』] 2007年10月19日 ライブドアニュース。スターダストプロモーション所属『芸能人、タレント > 青木英李』 Yahoo!カテゴリ

来歴

東京都内に出生『リポーター|TBSテレビ:王様のブランチ』 TBS。父とは血縁上の繋がりがない。19歳離れた妹がいる『王様のブランチ|平愛梨オフィシャルブログ 「Love Pear」 Powered by Ameba』。私立の女子高校から通信制の高校に編入。この生い立ちやモデル活動前の話については、2010年のポップティーン誌5月号に『えりものがたり』という実録漫画として掲載されている。通信制高校編入後にはギャルサーの代表となり、週あたり4回の日焼けサロン通いから保持した黒色の肌を携え、ギャルサーの世に“黒えり”の名を広く知らしめた。『Pop人気モデルの波乱万丈人生がマンガ化!イジメ、複雑な家庭環境が明らかに』 2010年4月2日 モデルプレス やがて渋谷109前でのスカウトをきっかけに10代向け雑誌の読者モデル活動を開始『青木英李のヒストリー』 オリコン芸能人事典

モデル

2008年青木英李(出典:日本タレント名鑑) - Yahoo!検索(人物)(2012年7月15日時点のアーカイブ)より『ポップティーン』の専属モデルとして活動『青木英李とは』 Weblio辞書,タレントデータバンク。いわゆるガングロとは正反対の白めの肌を特徴とする『白姫系』のギャルモデルとして人気を獲得した『“ギャル”コンピ 紅音ほたるも参加』 2008年3月23日 スポニチ。ポップティーン誌の姉妹誌にあたる『ポップシスター』が2010年に創刊すると、益若つばさ、星野加奈、菅野結以、小森純、樋口智子、孫暐とともに専属としてこれに登場『新創刊「Popsister」、益若つばさがカバーガールに登場!』 2010年4月17日 モデルプレス。この年には更にギャルの代表の一人として中国にまで赴いたうえで上海万博に出席し、ポップティーン関係のほか9名すなわち舟山久美子、出岡美咲、寿るい、ソンイ、鈴木奈々河西美希、村田莉、椎名ひかり、廣瀬麻伊とともにギャル文化の広報を行うなどした『「Popteen」モデル総勢10名、上海万博のイベントに出演決定!』 2010年5月25日 モデルプレス

その他

2008年に発売されたギャル系コンピレーションアルバム『メロラバ』に自身の歌曲を提供。紅音ほたる、益若つばさ、武藤静香、TSUKASAなどの面々もともに参加したアルバムであった。 2009年からTBS系のバラエティ番組『王様のブランチ』にレポーターとして出演しつつ、ほか様々なテレビ番組やミュージックビデオ、CM、イベントなどに登場。2012年には映画『生きてるものはいないのか』で一役を演じるなどもしている。自身初の映画出演となった。『王様のブランチ|2012/02/18(土)放送』 TVでた蔵 2014年、王様のブランチにてリポーターの紗綾と共に代々木公園での野外ロケを行った際、体の約40箇所を蚊に刺され、デング熱に感染した。一時テレビやネットで話題になりブログのアクセス数は約10倍になった時もあったという。

広告塔

2009年からフリューのプリントシール機『クイーンオブピンク3』のイメージモデルを務めてきた。香水ブランド『MAGIC TO LOVE』からのイメージモデル起用もあり、2010年に同ブランドの『HAPPY HOLIC』シリーズのイメージガールを担うなどしている。

出演

イベント

テレビ

  • 王様のブランチ(2009年7月18日 - 2016年3月26日 、TBS・BS-TBS) - ブランチリポーター
  • 勝利の女神5(2010年1月 - 、チバテレビ、再放送 スカパー!エンタ!371)
  • みんなで手作りクリスマス〜出来るまでがお楽しみ〜(2012年11月28日 - 2012年12月19日、TBS)
  • LIONS CHANNEL(2017年3月27日 - 2019年12月27日、テレビ埼玉)

音楽PV

  • 「君に伝えたくて」(2009年10月、KUMI)
  • 「誰よりも君が、君が好き」(2010年1月、KUMI)

書籍

雑誌連載

  • 『PopSister』 専属
  • 『Popteen』 専属

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/13 17:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「青木英李」の人物情報へ