仲俣汐里 : ウィキペディア(Wikipedia)

仲俣 汐里(なかまた しおり、1992年〈平成4年〉7月25日 - )は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。ワタナベエンターテインメントに所属していた。

スイス生まれ、東京都出身。早稲田大学本庄高等学院卒業、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学卒業後は一般企業に勤務している。

略歴

2010年

  • 3月、『AKB48 第七回研究生(10期生)オーディション』に合格し、研究生候補になる。
  • 6月12日、第4回セレクション審査に合格し、研究生になる。
  • 6月19日、『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演にて北原里英のアンダーとしてAKB48劇場公演デビュー。
  • 9月30日、第5回セレクション審査に合格。

2011年

  • 2月12日、チーム研究生公演にて、早稲田大学政治経済学部経済学科に合格(附属校からの内部推薦)したことを発表。同時に10期生初の正式メンバーへの昇格が発表された(この時点では昇格先未定)。公演の際に広報により朗読された総合プロデューサー・秋元康直々の手紙曰く「AKBと受験勉強の両立は本当に大変だったと思います。(中略)君の頑張りは、AKBのメンバーに一番大切な事だと思うので、その努力を讃え(同日付で)正規メンバーに昇格とする」『週刊AKB』2011年3月25日付放送分。
  • 6月6日、東京ドームシティホールで開催された『「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜』・ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演においてチーム4へ正式に昇格することが発表された「チーム4発足」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月7日)。

2012年

  • 3月2日、Google+の秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の3日目の公演においてワタナベエンターテインメントへの移籍打診があったことが発表された。
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームAへの異動とチーム4の消滅が発表される組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日。
  • 11月1日、チームAに異動。
  • 11月5日、AKSからワタナベエンターテインメントへ移籍ワタナベエンターテインメント取締役 大澤剛の投稿 - Google+(2012年11月5日)。それと同時に、TBSの平日情報番組『ひるおび!』で ひるおび!天気キャスターデビューした。

2013年

  • 9月9日、チームA公演「仲俣汐里生誕祭」において卒業することを発表した湯浅支配人のGoogle+投稿(2013年9月9日閲覧)。
  • 9月15日、卒業公演を実施。
  • 9月23日、この日に開催された「恋するフォーチュンクッキー」握手会をもってAKB48を卒業、芸能界引退。
  • 9月25日、ワタナベエンターテインメント公式サイトからプロフィールが削除されるとともに、公式ブログも開始から4か月で閉鎖された。

2018年

  • 4月18日、AKB48劇場で行われた特別公演「市川美織 AKB48劇場 ラストアイドル公演〜今が旬!秋葉原発祥フレッシュレモン、出荷します〜」のアンコールで、卒業以来初めて公の場に登場し、一部の楽曲に参加した。

人物

  • メンバー内でも小柄で童顔ということもあり、高校2年生まで、バス運賃の支払の際に「子供料金じゃなくていいの?」と言われたほど。本人としては「嬉しいような、嬉しくないような」だったとのことAKB48 DVD MAGAZINE VOL.5『AKB48 19thシングル選抜「じゃんけん大会」』「51のリアル〜Bブロック編」仲俣汐里のリアル。
  • 人の顔と名前を覚えるのが特技『FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」(光文社) 2011年5月1日。
  • 長所は、社交的なところ。短所は、ボケている時がある『AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック』(講談社)。
  • 趣味は、食べることと散歩。
  • 好きな食べ物は、たくあんなどの漬け物、しらす。味の付いていない海苔をおやつ代わりに食べるという。嫌いな食べ物は特になし。。
  • パンが好きで、買ったのを写真に収めたり、作ることも特技としている。
  • 憧れの女性アーティストは、AAAの宇野実彩子である。「AAAの宇野さんかわいすぎて」「パフォーマンス素晴らしい」「宇野さんみたく大人可愛くなりたい」と 自身のGoogle+上で述べている。
  • 好きな男性のタイプは、大らかな人。
  • 佐藤夏希とは、同じ中学校出身。
  • 『週刊AKB』2011年4月1日放送分。
  • キャッチフレーズは「みーんな仲間だ、なかまったー!」で、研究生時代のダンス講師である梅田悠(元SDN48)が、キャッチフレーズとキャッチフレーズを言う時の振り付けを考案したものである仲俣汐里 - Google+(2012年1月2日)。

AKB48

  • 板野友美が好きで、AKB48に憧れてオーディションに応募した。
  • 10期生では最年長、2010年12月8日以降自身の昇格決定まではチーム研究生全体でも最年長だった仲俣と同年齢ではあるが誕生日の早い大場美奈(4月3日生まれ)が昇格するまでは大場が最年長であった。。戸賀崎智信によると、オーディションに合格した理由は「チームは頭が良くないと、まとめられない」ため「リーダー候補として」の採用、とのこと。
  • ファンからは、愛称の「なかまったー」とジャガイモをもじって「じゃがまったー」とも呼ばれる。
  • AKB48は、自分にとって「夢の入り口」、他メンバーは、同期、先輩含め全員ライバルで「いつかやっぱ先輩も越えられるようにしないと、全然自分は出て行けなくなっちゃう」と考えている。将来の夢はリポーター。
  • ダンスが苦手で、公演曲の振り入れもなかなか覚えられないとのこと。

AKB48在籍時の参加曲

シングルCD選抜曲

  • 「チャンスの順番」に収録
    • フルーツ・スノウ - 「チーム研究生」名義
  • 「桜の木になろう」に収録
    • 黄金センター - 「チーム研究生」名義
  • 「Everyday、カチューシャ」に収録
    • 人の力 - 「アンダーガールズ」名義
    • アンチ - 「チーム研究生」名義
  • 「風は吹いている」に収録
    • Vamos - 「アンダーガールズ ばら組」名義
    • 蕾たち - 「チーム4+研究生」名義
  • 「上からマリコ」に収録
    • 走れ!ペンギン - 「チーム4」名義
  • 「GIVE ME FIVE!」に収録
    • ユングやフロイトの場合 - 「スペシャルガールズC」名義
  • 「真夏のSounds good !」に収録
    • ぐぐたすの空
  • 「ギンガムチェック」に収録
    • あの日の風鈴 - 「ウェイティングガールズ」名義
  • 「UZA」に収録
    • 孤独な星空 - 「チームA」名義
  • 「永遠プレッシャー」に収録
    • 私たちのReason
  • 「So long !」に収録
    • Ruby - 「篠田TeamA」名義
  • 「さよならクロール」に収録
    • イキルコト - 「Team A」名義

アルバムCD選抜曲

  • 『ここにいたこと』に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 『1830m』に収録
    • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

その他の参加曲

  • シングルCD「初恋は実らない」 (おじゃる丸シスターズ名義、2011年5月11日発売)
    • 初恋は実らない (NHKアニメ『おじゃる丸』第14シリーズ(2011年)のエンディング・テーマ)
    • かたつむり〜おじゃる丸シスターズ・バージョン〜 (おぐまなみが歌った第13シリーズエンディング・テーマをカバーしたもの)

劇場公演ユニット曲

研究生「シアターの女神」公演

  • ロッカールームボーイ

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • ロッカールームボーイ※
    北原里英のアンダー

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)
  • 炎上路線※
    指原莉乃のアンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 制服レジスタンス※
    板野友美のアンダー

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵

出演

テレビドラマ

  • マジすか学園2 第8話 - 最終話(2011年6月3日 - 7月1日、テレビ東京) - 仲俣 役
  • マジすか学園3 第8話(2012年9月7日、テレビ東京) - 女囚 役
  • So long ! 第1話(2013年2月11日、日本テレビ)

情報番組

ラジオ

  • カケダセ!(2011年4月2日 - 2012年3月17日、NHKラジオ第1・NHKワールド・ラジオ日本)※レギュラー出演
  • ハイタッチ!(2012年12月21日 - 、RKBラジオ)※準レギュラー出演
  • リッスン? 〜Live 4 Life〜(2013年3月5日、5月29日、文化放送)

ネット配信

  • 森永卓郎のBLOGOS経済塾(2011年12月21日 - 、BLOGOS) - レギュラー生徒役として出演

イベント

  • 仲俣汐里とゆる〜く経済について語る会(2012年3月2日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)

書籍

雑誌連載

  • 日刊ゲンダイAKB48特別版(2011年6月1日 - 12月28日、日刊現代) - 「仲俣汐里の教えて二木さん」を隔週水曜日に連載。

新聞連載

  • 静岡新聞(2013年1月26日 - 4月20日) - 若者向けの紙面「Junior Journal@Shizuoka」内に連載(第2・4土曜日)。

単行本

  • AKB48でもわかる経済の教科書(2012年6月13日、青志社、菅下清廣との共著)ISBN 9784905042501

カレンダー

  • 仲俣汐里 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 仲俣汐里 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

注釈

出典

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/09 10:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「仲俣汐里」の人物情報へ