ブラッド・ペイトン : ウィキペディア(Wikipedia)

ブラッド・ペイトンBrad Peyton、1978年5月27日Brad Peyton biography - tribute.ca - )は、カナダの映画監督、映画プロデューサー、テレビプロデューサー。

短編映画監督としてデビューし、長編映画・テレビドラマ監督・プロデューサーとなる。ドウェイン・ジョンソン主演映画を多く撮っている。

キャリア

ニューファンドランド・ラブラドール州ガンダー出身。で映像技術を学ぶBill Brioux, "Weirdly cool animated show on CBC," Jam! Showbiz: Canoe.ca, June 24, 2006, URL accessed 22 January 2007.。ペイトンの師の一人はトム・ハンクスと報じられている。2002年に短編映画『[[:en:Evelyn: The Cutest Evil Dead Girl|Evelyn: The Cutest Evil Dead Girl]]』を製作してクラスメイトから絶賛された後、ニューヨークの映画配給会社から公開された。また、同年のトロント国際映画祭でも上映された。2006年にカナダ放送協会のクレイアニメ『What It's Like Being Alone』で監督を務めているStephen Cole, "Peyton's Place: Inside Brad Peyton's What It's Like Being Alone," CBC.ca, June 26, 2006, URL accessed August 29, 2006.。

2010年に『キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争』の監督を務め、興行的な成功を収めた。2012年には『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』の監督を務め、ドウェイン・ジョンソンと初タッグを組み3億2,500万ドルの興行成績を収めた。2015年に再びジョンソン主演の映画『カリフォルニア・ダウン』で監督を務め、2016年には『ドクター・エクソシスト』の監督を務めた。2018年にはジョンソンと共に『ランペイジ 巨獣大乱闘』を製作している。

主な作品

長編映画
  • Suck (2009) - 製作総指揮
  • キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争 Cats & Dogs: The Revenge of Kitty Galore (2010) - 監督
  • センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 Journey 2: The Mysterious Island (2012) - 監督
  • カリフォルニア・ダウン San Andreas (2015) - 監督
  • ドクター・エクソシスト Incarnate (2016) - 監督、製作総指揮
  • ランペイジ 巨獣大乱闘 Rampage (2018) - 監督、製作
短編映画
  • Ted (2001) - 監督
  • Full (2001) - 監督、脚本
  • Beyond the Fields (2001) - 監督
  • [[:en:Evelyn: The Cutest Evil Dead Girl|Evelyn: The Cutest Evil Dead Girl]] (2002) - 監督、脚本
  • Bad Luck (2004) - 監督、脚本
  • A Tale of Bad Luck (2004) - 監督、脚本
テレビシリーズ
  • What It's Like Being Alone (2006) - 監督、脚本
  • Republic of Doyle (2013) - 監督
  • Republic of Doyle (2013) - 監督
  • Dr. Dimensionpants (2014-2015) - 製作総指揮、脚本
  • Pirate's Passage (2015) - 脚本、製作
  • Frontier (2016-2017) - 監督、製作総指揮

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/10/09 22:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ブラッド・ペイトン」の人物情報へ