パス・デ・ラ・ウエルタ : ウィキペディア(Wikipedia)

パス・デ・ラ・ウエルタ(Paz de la Huerta、1984年9月3日 - )は、アメリカ合衆国の女優。テレビドラマ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のルーシー・ダンジガー役で最もよく知られている。映画『マッド・ナース』では主演を務めた。

経歴

1984年9月3日、ニューヨーク州ニューヨーク市に生まれる。アメリカ人の母親とスペイン人の父親をもつ彼女は、マンハッタンで育った。

2009年、ジム・ジャームッシュ監督の『リミッツ・オブ・コントロール』に出演。同年、ギャスパー・ノエ監督の『エンター・ザ・ボイド』に出演。

フィルモグラフィー

映画

  • サイダーハウス・ルール(1999年)
  • 奇跡の歌(2000年)
  • ウォーク・トゥ・リメンバー(2002年)
  • ダーク・サファラー(2007年)
  • ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~ (2007年)
  • 彼が二度愛したS(2008年)
  • リミッツ・オブ・コントロール(2009年)
  • エンター・ザ・ボイド(2009年)
  • マッド・ナース(2013年)

テレビ

  • ボードウォーク・エンパイア 欲望の街(2010年 - 2011年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/12 13:25 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「パス・デ・ラ・ウエルタ」の人物情報へ