渡辺菜生子 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 渡辺菜生子 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

渡辺菜生子のウィキペディア

渡辺 菜生子(わたなべ なおこ、本名:松藤 菜生子〈まつふじ なおこ〉 『声優名鑑』、321頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783、1959年11月21日 - )は、日本の女性声優。青二プロダクション所属。

東京都杉並区出身、日本大学芸術学部演劇科卒業、テアトル・エコー附属養成所出身。 身長150cm、体重39kg『日本タレント名鑑』より。。血液型はO型。 既婚。

経歴

1982年、『The・かぼちゃワイン』(女子生徒役)で声優デビューする。『リトル・エル・シドの冒険』(ルイ役)で初主演でレギュラーデビューする。約1か月後には、『とんがり帽子のメモル』(メモル役)でも主演を果たした。

2005年には2005年日本国際博覧会(愛・地球博)のキャラクターの一つ、キッコロの声を担当した。閉幕後もNHK教育テレビジョンで放送されている『モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!』でキッコロの声を担当している。

人物

元々は声優でなく舞台役者を目指していたため、舞台出演の経験も豊富に持ち、仲良しのTARAKOとともに、プロデュースを行ったこともある。双子姉妹の妹で、日芸時代までは、姉妹2人とも同じ道を歩んでいたTBSラジオ『Kanon 水瀬さんち』での同僚の発言より。

酒豪であり、堀川りょういわく「一升瓶を空けても全く乱れない」ほどだという。渡辺同様に上戸のTARAKO、鶴ひろみとの交友も深い。趣味はマリンバ、エアロビクスダンス。

生まれた町が田中亮一と同じなため、幼馴染のような関係がある。

山本百合子とも仲が良く、姉妹同士の犬を飼っていたことがある。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

OVA

劇場アニメ

ゲーム

吹き替え

  • オーメン4(ディーリア)
  • カーリー・スー(カーリー・スー〈アリサン・ポーター〉)※日本テレビ版
  • キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2(ジェナ姫)※テレビ朝日版
  • 氷の接吻
  • 34丁目の奇跡(スーザン)
  • シザーハンズ(孫娘)※ソフト版
  • ゼイリブ
  • ハイテクサンタがやってきた(ピーター)
  • ミセス・ダウト(ナタリー・ヒラード)※ソフト版
  • リトルマン・テイト(フレッド・テイト)
  • 霊幻道士2 キョンシーの息子たち!(ガガ)

ドラマCD・カセット

  • ARIEL/ARIEL II 幻影の侵略(絢)
  • 聖闘士星矢 ダスビダーニャ〜約束の時〜(美穂)
  • 新吸血姫 美夕〜西洋神魔編〜(美夕
  • こどもちゃれんじ(みみりん〈初代〉)
  • 世界でいちばん大嫌い(秋吉零)
  • テイルズ・オブ・デスティニー(チェルシー・トーン)
  • ドリームハンター麗夢

テレビドラマ

  • 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜「まる子と会える町」(穂波たまえ〈たまちゃん〉)

教育番組

  • あつまれじゃんけんぽん(北きつね / 北狐びゃっこ)
  • えいごでペララ♪(藍ちゃん
    • かず1ばん!
    • カタカナカンタン!
    • ひらがなあーん!
  • こどもにんぎょう劇場 「わがままな大男」(子供)
  • さんすうすいすい(ミー)
  • たのしいさんすう(アリス
  • ドラゴンボール 悟空の交通安全(プーアル、スノ)
  • バケルノ小学校ヒュードロ組
  • モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!(キッコロ

その他

  • お願い!ランキングGOLD アニメの裏側ぶっちゃけSP(テレビ朝日)
  • ハンターマウンテン塩原(ハンタマくんの声)
  • ドリフのクリスマスプレゼント(声の出演)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/05/31 20:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 渡辺菜生子
  • 渡辺菜生子の作品
  • 渡辺菜生子の受賞歴
  • 渡辺菜生子の写真・画像
  • 渡辺菜生子の動画
  • 渡辺菜生子の関連記事
  • 渡辺菜生子のDVD
  • 渡辺菜生子のWikipedia
  • 渡辺菜生子の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi