ロン・シェルトン : ウィキペディア(Wikipedia)

ロン・シェルトン (Ron Shelton, 1945年9月15日 - ) はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の映画監督・脚本家。

略歴

バスケットボールと野球の奨学金を得てウエストモント・カレッジ (Westmont College)に進学。1966年にメジャーリーグのボルチモア・オリオールズからドラフト39巡目で指名され、6年間マイナーリーグで野球選手として活躍した経歴を持つ。入団時は投手だったが二塁手に転向。1971年には3Aロチェスター・レッドウイングスでボビー・グリッチ、ドン・ベイラーらと共にプレーし、66試合出場で打率.260を記録したがメジャーには昇格できず引退。

アリゾナ大学に入学し直し、卒業後脚本を書き始めた。ロジャー・スポティスウッド監督の映画『アンダー・ファイア』などの脚本を手掛け、1988年に『さよならゲーム』で監督デビュー。野球やバスケットボール、ゴルフなど、スポーツをテーマにした映画で知られる。

妻はカナダ出身の女優ロリータ・ダヴィドヴィッチで、自らの監督映画『ブレイズ』『タイ・カップ』『ハリウッド的殺人事件』に出演している。

主な監督作品

  • さよならゲーム Bull Durham (1988)
  • ブレイズ Blaze (1989)
  • ハード・プレイ White Men Can't Jump (1992)
  • タイ・カップ Cobb (1994)
  • ティン・カップ Tin Cup (1996)
  • マイ スウィート ガイズ Play It to the Bone (1999)
  • ダーク・スティール Dark Blue (2002)日本未公開
  • ハリウッド的殺人事件 Hollywood Homicide (2003)
  • ベスト・バディ Just Getting Started (2017)

監督以外

  • ハード・チェック Blue Chips (1994) 脚本・製作総指揮

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/05 02:24 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ロン・シェルトン」の人物情報へ