ロナルド・ハーウッド : ウィキペディア(Wikipedia)

ロナルド・ハーウッド(Ronald Harwood CBE, 1934年11月9日 - 2020年9月8日)は、イギリスの劇作家・脚本家。

略歴

南アフリカ連邦ケープタウンのユダヤ系の両親の間に生まれ、1951年にロンドンに移住した。王立演劇学校で演技を学び、1953年から1958年まで著名なシェイクスピア俳優・舞台マネージャーのの付き人となる。後にこの経験を基に舞台劇『ドレッサー』を書いた。

1960年代から脚本家としてキャリアを始める。2002年の『戦場のピアニスト』でロマン・ポランスキーとともにアカデミー脚色賞を受賞した。

1986年にNHK教育テレビで13回にわたって放送された演劇史番組「この世はすべて舞台」で案内役を務めた(吹き替え・江守徹)。

1989年から93年までイギリス・ペンクラブ会長、93年から97年まで国際ペンクラブ会長を務めた。

主な脚本作品

  • 海賊大将 A High Wind in Jamaica (1965年)
  • 小さな目撃者 Eyewitness (1970年)
  • イワン・デニーソヴィチの一日 One Day in the Life of Ivan Denisovich (1971年)
  • 暁の7人 Operation: Daybreak (1975年)
  • エビータ Evita Peron (1981年) テレビ映画
  • ドレッサー The Dresser (1983年)
  • 贖われた7ポンドの死体 The Doctor and the Devils (1985年) 日本未公開
  • アフタヌーンティーはベッドで Cin cin (1991年)
  • 明日にむかって… The Browning Version (1994年) 日本未公開
  • 輝きの大地 Cry, the Beloved Country (1995年)
  • テイキング・サイド Taking Sides (2001年)
  • 戦場のピアニスト The Pianist (2002年)
  • 華麗なる恋の舞台で Being Julia (2004年)
  • オリバー・ツイスト Oliver Twist (2005年)
  • 潜水服は蝶の夢を見る Le scaphandre et le papillon (2007年)
  • オーストラリア Australia (2008年)
  • カルテット! 人生のオペラハウス Quartet (2012年)

参照

  • ハーウッド (小惑星)

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/11/02 04:33 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ロナルド・ハーウッド」の人物情報へ