レスリー・ビブ : ウィキペディア(Wikipedia)

レスリー・ビブ(Leslie Bibb、1974年11月17日 - )は、アメリカ合衆国ノースダコタ州出身の女優、ファッションモデル。人気テレビシリーズ「ER 緊急救命室」の医学生ハーキンス役で知られる。

略歴

ノースダコタ州ビスマークに生まれ、バージニア州ネルソン郡で育った。 父親は彼女が3歳の時に亡くなった。のちに彼女は母親と3人の姉と共にバージニア州リッチモンドへ移り住み、カトリック系の女子高Saint Gertrude High Schoolに通うことになった。

1990年、『ザ・オプラ・ウィンフリー・ショー』とエリート・モデル・マネジメントが全米でモデルの卵探しをした。 レスリーの母親は、当時16歳の彼女の写真を番組とエージェンシーに送った。 ジョン・カザブランカス、ナオミ・キャンベルリンダ・エヴァンジェリスタ、イマン・アブドゥルマジドといったセレブリティの審査員たちは彼女の美しさに感銘を受け、彼女は優勝した。その結果、高校1年生の時、彼女はニューヨークへ移りエリート・モデル・マネジメントと契約を結んだ。夏の間彼女はモデル業を続け、日本へ旅行へ来たこともあった。

2年生になって実家へ帰り、1992年に高校卒業。そのころ彼女はヴァージニア大学へ入りたいと思ったが、ニューヨークでモデル活動に専念するため1年生の時に中退。モデル時代の彼女の写真は『マクシム』、『FHM』に掲載された。 また、彼女は3年間 William Esper acting studio に在籍していた。

1997年、コメディ映画『プライベート・パーツ』で映画デビュー。1999年より主演したドラマ『Popular』で人気を集める。その後多くのドラマ、映画に出演し、2008年にはヒット作『アイアンマン』にも出演。続編にも出演した。

主な出演作品

映画

公開年邦題原題役名備考
1997 プライベート・パーツPrivate Parts NBCのツアーガイド
1999 This Space Between Us
2000 ザ・スカルズ/髑髏の誓いThe Skulls クロエ
2001 スポットSee Spot Run ステファニー
2002 ワシントンDCの陰謀Capital City ペイジ・アームストロング テレビ映画
2006 タラデガ・ナイト オーバルの狼Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby カーリー・ボビー
2007 セックス・カウントダウンSex and Death 101 ミランダ・ストーム
ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリートTrick 'r Treat エマ
2008 アイアンマンIron Man クリスティン
ミッドナイト・ミート・トレインThe Midnight Meat Train マヤ
2009 お買いもの中毒な私!Confessions of a Shopaholic アリシア・ビリントン
完全なる報復Law Abiding Citizen サラ
2010 アイアンマン2Iron Man 2 クリスティン
2011 Mr.ズーキーパーの婚活動物園Zookeeper ステファニー
2012 デビル・ストレンジャーMeeting Evil ジャニー・フェルトン
2013 ムービー43Movie 43 偽のワンダーウーマン
ヘル・ベイビーHell Baby ヴァネッサ
2014 善き人に悪魔は訪れるNo Good Deed メグ
2015 ドン・ヴァーディーンDon Verdean ジョイリンダ・ラザラス
2017 心のカルテTo the Bone ミーガン
ザ・ベビーシッターThe Babysitter コールの母親

テレビシリーズ

放映年邦題原題役名備考
1997 ビッグ・イージーBig Easy ジャニーン 13エピソード
1999-2001 ''Popular ブルック・マックイーン 43エピソード
2002-2003 ER緊急救命室ER エリン・ハーキンス 8エピソード
2003-2004 ''Line of Fire ペイジ・ヴァン・ドレン 13エピソード
2004 NIP/TUCK マイアミ整形外科医Nip/Tuck ナオミ・ゲインズ 1エピソード
2005-2007 女検死医ジョーダンCrossing Jordan シモンズ刑事 14エピソード
2007 CSI: Miami アシュレイ 1エピソード
アントラージュ★オレたちのハリウッドEntourage ローリー 1エピソード
2012 ''GCB アマンダ 10エピソード

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/11/02 05:21 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「レスリー・ビブ」の人物情報へ