レオノア・バレラ : ウィキペディア(Wikipedia)

レオノア・ヴァレラ(、1972年12月29日 - )は、チリ・サンティアゴ出身の女優。

略歴

父親はチリ人の生物学者フランシスコ・バレーラ、母親はフランス人ダンサー。子供の頃にチリ・クーデターを逃れてコスタリカに移住。その後ドイツ・アメリカ・フランスなどで暮らす。パリで演技を学び、1995年にデビュー。

1999年にはテレビ映画でクレオパトラ女王を演じた。

私生活

ヴァレラは1999年のテレビ映画で共演したビリー・ゼインと一時期交際していた。

2011年、ヴァレラはプロデューサーのルーカス・アコースキンと結婚し、2012年11月20日には第一子のマッテオを出産。2015年2月25日には娘のルナ・メイを出産した。

菜食主義者でもあるヴァレラは[http://www.lun.com/modulos/catalogo/paginas/2008/03/20/LUCSTSO20LU2003.htm ] 、クジラの救済に関わる海洋生物活動家であり、Save The Whales Againなどのグループと協力している。

主な出演作品

  • 仮面の男 The Man in the Iron Mask (1998)
  • テイラー・オブ・パナマ The Tailor of Panama (2001)
  • テキサス・レンジャーズ Texas Rangers (2001)
  • ブレイド2 Blade II (2002)
  • ルビー&カンタン Tais-toi! (2003)
  • イノセント・ボイス 12歳の戦場 Voces inocentes (2004)
  • 捕われた女 Captive (2015)
  • アルファ 帰還りし者たち Alpha (2018)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/06/01 22:45 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「レオノア・バレラ」の人物情報へ