リディア・サルモノワ : ウィキペディア(Wikipedia)

リディア・サルモノワLyda Salmonova、1889年7月14日 - 1968年11月18日)はチェコスロバキアの女優。の作品に多数出演し、後にヴェゲナーと結婚した。

生涯

1910年、ベルリンで舞台デビュー後、マックス・ラインハルトので活躍。

1913年から1923年にかけて、パウル・ヴェゲナーのほぼすべての映画に出演。ヴェゲナーとは結婚。息子のペーター・ヴェゲナー(1917年 - 2008年)は物理学者になり、第二次世界大戦中はV2ロケットの開発に関わった。

1923年、女優を引退。ウーファで後進の指導にあたる。

第二次世界大戦後は生まれ故郷のプラハに戻った。

出演作品

  • モンナ・ヴンナ
  • 影を失へる男
  • ファラオの恋
  • 白痴
  • 巨人ゴーレム
  • 巨人ゴラン
  • ニッセン
  • ゴーレム
  • プラーグの大学生

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/01/30 09:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「リディア・サルモノワ」の人物情報へ