リチャード・デイ : ウィキペディア(Wikipedia)

リチャード・デイRichard Day, 1896年5月9日 - 1972年5月23日)は、カナダの美術監督である。1923年から1970年までに265作品に参加している。アカデミー美術賞には13回ノミネートされ、7回受賞している。

ブリティッシュコロンビア州ビクトリアで生まれ、カリフォルニア州ハリウッドで没した。

主なフィルモグラフィ

  • フーピー Whoopee! (1931)
  • 人類の戦士 Arrowsmith (1931)
  • The Affairs of Cellini (1934)
  • ダアク・エンゼル The Dark Angel (1935)
  • この三人 These Three (1936)
  • 孔雀夫人 Dodsworth (1936)
  • デッドエンド Dead End (1937)
  • 華麗なるミュージカル The Goldwyn Follies (1938)
  • Lillian Russell (1940)
  • 遥かなるアルゼンチン Down Argentine Way (1940)
  • 血と砂 Blood and Sand (1941)
  • わが谷は緑なりき How Green Was My Valley (1941)
  • My Gal Sal (1942)
  • 純愛の誓い This Above All (1942)
  • 剃刀の刃 The Razor's Edge (1946)
  • ジャンヌ・ダーク Joan of Arc (1948)
  • 欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire (1951)
  • アンデルセン物語 Hans Christian Andersen (1952)
  • 波止場 On the Waterfront (1954)
  • 偉大な生涯の物語 The Greatest Story Ever Told (1965)
  • トラ・トラ・トラ! Tora! Tora! Tora! (1970)

受賞歴

アカデミー賞

受賞
1936年 アカデミー美術監督賞:『ダーク・エンジェル』
1937年 アカデミー美術監督賞:『孔雀夫人』
1942年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『わが谷は緑なりき』
1943年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『純愛の誓い』
1943年 アカデミー美術監督賞 (カラー部門):『My Gal Sal』
1952年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『欲望という名の電車』
1955年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『波止場』
ノミネート
1931年 アカデミー美術監督賞:『フーピー』
1932年 アカデミー美術監督賞:『人類の戦士』
1935年 アカデミー美術監督賞:『The Affairs of Cellini』
1938年 アカデミー美術賞:『デッドエンド』
1939年 アカデミー美術監督賞:『華麗なるミュージカル』
1941年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『Lillian Russell』
1941年 アカデミー美術監督賞 (カラー部門):『遙かなるアルゼンチン』
1942年 アカデミー美術監督賞 (カラー部門):『血と砂』
1947年 アカデミー美術監督賞 (白黒部門):『剃刀の刃』
1949年 アカデミー美術監督賞 (カラー部門):『ジャンヌ・ダーク』
1953年 アカデミー美術監督賞 (カラー部門):『アンデルセン物語』
1966年 アカデミー美術賞 (カラー部門):『偉大な生涯の物語』
1971年 アカデミー美術賞:『トラ・トラ・トラ!』

参考文献

関連項目

  • Art Directors Guild Hall of Fame

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/10/31 07:27 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「リチャード・デイ」の人物情報へ