守屋浩 : ウィキペディア(Wikipedia)

守屋 浩(もりや ひろし、本名:守屋 邦彦(もりや くにひこ)、1938年9月20日 - 2020年9月19日)は、日本の歌手、俳優である。千葉県出身。安田学園中学校・高等学校卒業。女優、歌手の本間千代子は元夫人。

所属事務所は1960年より堀プロダクション(現在のホリプロ)、所属レコード会社は日本コロムビア→日本クラウンであった。ホリプロ所属タレントでヒットした第1号である。亡くなるまで同社の所属であった。

来歴・人物

1957年、スイングウェストのバンドボーイとして芸能界入りし、1958年に日劇ウエスタンカーニバルでデビューする。ほぼ同時に堀プロダクションを設立した堀威夫の提案により芸名を「守屋浩」とする。これは既に第一線で活躍していた井上ひろし水原弘に合わせたものと言われている。3人合わせて「三人ひろし」と言われた時期もある(かまやつひろしを入れて「四人ひろし」となる場合もある)。

守屋は当時のロカビリーブームで大躍進し、茶の間にも知られるようになった。

1960年の堀プロダクション設立後は同事務所に移籍(それ以前の所属事務所は不明)。この頃に歌謡曲に転向し、「夜空の笛」や「僕は泣いちっち」が大ヒットする。その後も「大学かぞえうた」や「有難や節」などをヒットさせる。

また映画でも活躍していた。出演作は20本を数える。

1976年3月からはホリプロダクション(堀プロダクションを改名)の社員に転じ、同社の宣伝部長などを歴任した。

ホリプロタレントスカウトキャラバンの立ち上げに関わり、1976年の第1回(榊原郁恵と荒木由美子を発掘した)では実行委員長を務めた。

1986年に正社員としては退社し、改めて社業兼務のタレント契約に移行して歌手活動を再開した。この頃静岡県伊東市へ移住し、並行してカラオケ教室を開いていた「僕は泣いちっち」の守屋浩さん 前立腺がんで死去 81歳 引退後は榊原郁恵ら発掘 - Sponichi Annex 2020年9月23日。その後も2011年時点ではホリプロのスカウト部長を兼務して新人の発掘などの業務を行い、また次代を担う若い歌手及び社員などの教育・指導にも当たっていた。

なお、守屋はホリプロ(1990年再改名)創立当時より2020年時点に至るまで在籍した唯一のタレントでもあった(守屋の次に在籍年数が長いのは和田アキ子である)。

そのため歌手・タレントしての活動は一時はほとんど行っていなかったが1986年の正社員としての退社後、本格的に活動を再開させ、懐メロ番組や歌のステージなどにも積極的に出演するようになった。

近年、脳梗塞に倒れたがリハビリの末に復帰した。病気の後遺症もあり、2008年以降はステージに置かれた椅子に座っての歌唱となっていた。

2020年9月19日、前立腺がんのため、静岡県内の施設で死去。。

主な持ち歌

  • 僕は泣いちっち
  • 夜空の笛
  • 東京へ戻っておいでよ
  • 長いおさげ髪
  • 星空に両手を(島倉千代子とのデュエット。守屋が実質引退状態だった頃は、島倉の単独または島倉と他の男性歌手とのデュエットで歌唱することがあった)
  • 大学かぞえうた
  • 有難や節
  • ボン・ボヤージ
  • ガマの油売り
  • 月のエレジー
  • 泣きとうござんす
  • 泣きべそ列車
  • よせよ恋なんて
  • 若かったあの頃

主な出演映画

  • 檻の中の野郎たち
  • あんみつ姫の武者修業
  • 僕は泣いちっち
  • 有難や三度笠
  • 有難や節 あゝ有難や有難や
  • 思い出の指輪

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 対戦相手
1960年(昭和35年)/第11回僕は泣いちっち松山恵子
1961年(昭和36年)/第12回月のエレジー水谷良重
1962年(昭和37年)/第13回大学かぞえうた宮城まり子
1963年(昭和38年)/第14回がまの油売り仲宗根美樹

出典

関連項目

  • 千葉県出身の人物一覧
  • ソウル・フラワー・モノノケ・サミット(アルバム『レヴェラーズ・チンドン』で「有難や節」をカバー)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/28 23:12 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「守屋浩」の人物情報へ