ミッキー・ルーニー : ウィキペディア(Wikipedia)

ミッキー・ルーニー(Mickey Rooney, 1920年9月23日 - 2014年4月6日)は、アメリカの俳優、歌手、エンターテイナー。身長は160cmと小柄であった。

来歴

子役時代

ニューヨーク州のブルックリンでヴォードヴィル芸人の親の元に生まれる。なお、生名は「ジョセフ・ユール Jr.(Joseph Yule Jr.)」であった。

幼少時からボードヴィル・ショーに出演し、初舞台は生後17か月の時であったLife Is Too Short. Autobiography (1991). ISBN 978-0-679-40195-7。その後両親の離婚に伴いカリフォルニア州のハリウッドに移り、4歳の時に映画デビューした。

人気子役

ハリウッドに移った後は、10歳で当時隆盛を誇ったメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの専属となり、1933年に公開された『紐育・ハリウッド』を皮切りにミュージカル作品を中心に人気子役として活躍をつづけた。

その後同じく子役として人気が高かったジュディ・ガーランドとペアを組み『ブロードウェイ』などの俳優ミッキー・ルーニーさんが死去 93歳 『ティファニーで朝食を』の日系人・ユニオシ役など - シネマトゥデイ数々の作品に出演し大ヒット作を連発し、1930年代には一躍スターダムにのし上がり、1939年にはアカデミー賞特別賞を受賞した。

カムバック

1941年12月にアメリカが第二次世界大戦に参戦した後、アメリカ軍の米国慰問協会に加わったのち1944年にアメリカ陸軍に入隊し終戦までの間軍隊生活を送る。なお、入隊に先立つ1942年に女優エヴァ・ガードナーと結婚するも、間もなく破局した。なお、ルーニーは生涯で8回結婚している。

第二次世界大戦から復員後映画界に戻るものの、その後子役時代のイメージが抜けず、一時期スランプに陥る。しかし、1950年代に入り性格俳優としてイメージチェンジしたことや、テレビショーに出たことで人気が持ち直し再び人気俳優となる。

性格俳優

その後は1950年代から1960年代にかけていくつかの映画製作に携わった他、『ティファニーで朝食を』などの名作に重要な脇役として出演し、数回にわたりアカデミー助演男優賞の候補に挙がる。

『ティファニーで朝食を』において白人であるルーニーが演じたユニオシは日系アメリカ人という設定であるが、アメリカ社会におけるステレオタイプな悪意に満ちた日本人像(黒ぶちの眼鏡、出っ歯、低身長など)で描かれていた。

だが当時はアメリカ社会において日本人などエスニックなマイノリティに対するきわどい差別的表現やブラック・ジョークは決してタブーではなく、ルーニーや監督のブレイク・エドワーズが確信的な人種差別者(レイシスト)だったわけではない。ルーニー自身その後の人生において、人種差別的な政治的活動に参加したり展開したということではないが、負のスティグマはルーニーについて回り、俳優を続けるにあたりその演技に対する弁明をせざるを得なくなっている。

ブロードウェイ

映画やテレビなどで活躍を続ける中、1979年にブロードウェイ・デビューという大きな転機が訪れた。バーレスク時代を懐古するミュージカル・レビュー『Sugar Babies 』に元MGMのダンサーでありスターであるアン・ミラーと共に出演し称賛を受けた。5年かけてニューヨークで1,208回上演後、ツアー公演に出演し、ロンドンで8ヶ月公演を行なったVideo: 8 min.。共演者のミラーはルーニーについて「休演することも、アドリブの機会をのがすことも、台詞をとちることもなかった」と語った。伝記作家アルヴィン・マリルは「59歳というブロードウェイ遅咲きのデビューでショービズ界のトップに返り咲いた」と記した。

その後、スティーヴン・ソンドハイムの『』プセウドルス役でツアー公演に出演した。1990年代、『』閉幕までの数か月間、ウィルの亡き父の霊役で再びブロードウェイの舞台に立った。

1990年代半ば、『The Mind with the Naughty Man 』でカナダのディナー・シアターを巡るツアー公演に出演した。1998年、マディソン・スクエア・ガーデンにて『オズの魔法使い』にアーサー・キット(のちにジョアン・ウォーリーに交代)と共に出演し、魔法使い役を演じた。

晩年

ミュージカルからコメディ、シリアスドラマまでをこなすその高い演技力は称賛の的となり、1983年には映画界への貢献を称えられてアカデミー賞名誉賞を受賞した。90歳を過ぎた晩年も現役俳優として、「ナイト ミュージアム」シリーズなどの数々の映画やテレビドラマ、ショーに出演し活躍を続けた。

2014年4月6日、死去俳優ミッキー・ルーニーさんが死去 93歳 『ティファニーで朝食を』の日系人・ユニオシ役など シネマトゥデイ 2014年4月7日。93歳没。

出演作

公開年邦題原題役名備考
1932 街の野獣The Beast of the City ミッキー・フィッツパトリック クレジットなし
ファスト・コンパニオンスFast Companions ミッジ
ギャング撃滅High Speed バディ・ホイップル
1933 紐育・ハリウッドBroadway to Hollywood テッド・ハケット3世(幼少期)
1934 男の世界Manhattan Melodrama ブラッキー
1935 真夏の夜の夢A Midsummer Night's Dream パック
噫、初恋Ah, Wilderness! トミー
港に異常なしRiffraff ジミー
1936 小公子Little Lord Fauntleroy ディック
腕白時代The Devil Is a Sissy スティーヴンス
1937 我は海の子Captains Courageous ダン
奴隷船Slave Ship スイフティ
1938 初恋合戦Love Finds Andy Hardy アンディ・ハーディ
少年の町Boys Town ホイッティー・マーシュ
1939 宿無しハックの冒険The Adventures of Huckleberry Finn ハックルベリー・フィン
青春一座Babes in Arms ミッキー・モラン
1940 若い科学者Young Tom Edison トマス・エジソン
ストライク・アップ・ザ・バンドStrike Up the Band ジミー
1941 感激の町Men of Boys Town ホイッティー・マーシュ
二人の青春Life Begins for Andy Hardy アンディ・ハーディ
ブロードウェイBabes on Broadway トミー・ウィリアムズ
1943 町の人気者The Human Comedy ホーマー
ガール・クレイジーGirl Crazy ダニー・チャーチル・Jr
1944 青春学園Andy Hardy's Blonde Trouble アンディ・ハーディ
1945 緑園の天使National Velvet テイラー
1948 サンマー・ホリデイSummer Holiday リチャード・ミラー
ワーズ&ミュージックWords and Music ロレンツ・ハート
1949 大車輪The Big Wheel ビリー・コイ
1950 流砂Quicksand ダン
1953 腰抜けM・POff Limits ハーバート・タトル
1954 トコリの橋The Bridges at Toko-Ri マイク
1956 戦塵The Bold and the Brave ドーリー
1957 殺し屋ネルソンBaby Face Nelson ベビーフェイス・ネルソン
1959 第三独房・地獄の待合室The Last Mile キラー・メアーズ
私刑(リンチ)街The Big Operator リトル・ジョン・ブラウン
1961 でっかい札束King of the Roaring 20's: The Story of Arnold Rothstein ジョニー・バーク
ティファニーで朝食をBreakfast at Tiffany's ユニオシ
1963 おかしなおかしなおかしな世界It's a Mad Mad Mad Mad World ディング・ベル
1964 侵略戦線The Secret Invasion テレンス・スキャンロン
1965 ビキニガール・ハントHow to Stuff a Wild Bikini ピーチー・ケイン
1969 80歩大行進80 Steps to Jonah ウィルフレッド・バッシュフォード
1971 真夜中の喝采The Manipulator B.J. ラング
1972 悪の紳士録Pulp プレストン・ギルバート
1974 ザッツ・エンターテインメントThat's Entertainment! -
1976 クレージーボーイ/香港より愛をこめてBons baisers de Hong Kong マーティ
ボロ・コップFind the Lady トリガー
ドミノ・ターゲットThe Domino Principle スピヴェンタ
1977 ピートとドラゴンPete's Dragon ランピー
1977 ラッシーThe Magic of Lassie ガス
1979 ワイルド・ブラック/少年の黒い馬The Black Stallion ヘンリー・デイリー
1984 天使がくれたクリスマスIt Came Upon the Midnight Clear マイク・ハリガン テレビ映画
1986 白馬物語/勝利のゴールLightning, the White Stallion バーニー・イングラム
1988 ブルー・グラスBluegrass ジョン・ポール・ジョーンズ テレビ映画
1989 エリック・ザ・バイキング バルハラへの航海Erik the Viking エリックの祖父
1992 レディ・スコルピオンSweet Justice ゼキ
マックス・フォースMaximum Force 警察署長 クレジットなし
1993 ザッツ・エンターテインメント PART3That's Entertainment! III -
1998 夢の旅路Animals with the Tollkeeper トールキーパー
ベイブ/都会へ行くBabe: Pig in the City ファグリー・フルーム
2000 シアターの怪人Phantom of the Megaplex ムーヴィー・メイソン テレビ映画
2006 ナイト ミュージアムNight at the Museum ガス
2011 ザ・マペッツThe Muppets
2014 ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密Night at the Museum: Secret of the Tomb ガス

舞台

  • 1935: 夏の夜の夢 A Midsummer Night's Dream
  • 1951: 底抜け艦隊 Sailor Beware
  • 1963: 愛のトンネル The Tunnel of Love
  • 1965: ローマで起こった奇妙な出来事 A Funny Thing Happened on the Way to the Forum
  • 1967: おかしな二人 The Odd Couple
  • 1969–70: George M!
  • 1971: Three Goats and a Blanket
  • 1971: Hide and Seek
  • 1971: W.C. (closed on the road)
  • 1972–74: See How They Run
  • 1973: A Midsummer Night's Dream
  • 1975: Goodnight Ladies
  • 1975: お熱いのがお好き Sugar
  • 1976: Alimony
  • 1979–82, 1983–88: Sugar Babies
  • 1983: ショウボート [[:en:Show Boat|:Show Boat]]
  • 1986: The Laugh's On Me
  • 1987: A Funny Thing Happened on the Way to the Forum
  • 1989: Two for the Show
  • 1990: サンシャイン・ボーイズ The Sunshine Boys
  • 1991–93: ウィル・ロジャース・フォーリーズ The Will Rogers Follies
  • 1993: Lend Me a Tenor
  • 1994: The Mind with the Naughty Man
  • 1995: クレイジー・フォー・ユー Crazy for You
  • 1997–99: オズの魔法使い The Wizard of Oz
  • 2000: Hollywood Goes Classical
  • 2003: Singular Sensations
  • 2000–11: Let's Put On A Show

受賞歴

  • 1939年 アカデミー特別賞
  • 1982年 エミー賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)
  • 1983年 アカデミー名誉賞

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/12/23 03:52 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ミッキー・ルーニー」の人物情報へ