前田美波里 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 前田美波里 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

前田美波里のウィキペディア

前田 美波里(まえだ びばり、1948年8月8日 - )は、日本の女優。神奈川県鎌倉市出身。父親がアメリカ人で、母親が日本人のハーフ。オスカープロモーション所属。身長169cm。遠縁に冨士眞奈美がいる(冨士眞奈美の母方の叔母が、前田美波里の母のいとこと結婚)『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。。また岸惠子も遠縁にあたる(前田美波里の母のいとこが、岸惠子の母方のいとこの妻の弟)。

来歴・人物

アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれた。働きに出ていた母親に代わり、鎌倉に住む祖父母の元で礼儀や作法、しつけなど厳しく育てられ、小学校は、三井財閥の令嬢のために作られたと言われる聖ミカエル学園に通った。小学4年生の時、友達の影響でクラシックバレエに憧れ、鎌倉のエリアナ・パヴロワの弟子・野口力子の下でバレエを習い始める。そして、将来バレリーナになるためには鎌倉にいるよりも東京で勉強した方がいいのではないかと考え、上京。高校生の時に芸能プロダクションに所属し、「堀内完ユニークバレエ団」に通った。

1963年、文化学院在学中に芸術座のミュージカル『ノー・ストリング』のPRを兼ねて東宝が募集した"ミス・ノー・ストリング"に優勝し、東宝現代劇に8期生として入団。翌年の1964年にミュージカル『ノー・ストリングス』で初舞台を踏んだ。

1966年、18歳の時に資生堂のサマー化粧品「太陽に愛されよう」キャンペーンガールとして起用され、人気を博した。その際のハワイでのロケがきっかけで知り合ったマイク眞木と1968年に20歳で結婚。思わぬ勢いで名前が売れてしまったことへの戸惑いや、水着写真ばかりを求められることに嫌気がさしていたこともあり、一時仕事を辞めてアメリカで旅をしながら1年半を過ごした。

1971年から1972年までNHKの『ステージ101』でMCを夫のマイク眞木と共に務めるなどしたものの、ミュージカルがその頃の日本ではあまり定着していなかったため、一番やりたかった踊る仕事ができなかった。観客からアプローズ(喝采)を受けることが無い生活に耐えきれず葛藤した末、舞台を中心に活動を再開することを決意。厳しい世界で生き残るためには家庭との両立は難しいと考え、当時3歳だった息子の真木蔵人を残して1人で家を出た。1976年にマイク眞木との離婚が成立した。

29歳で芸能界に復帰するが、ミュージカル関係の仕事はやはりゼロだった。それなら自分から行くしかないと考えて他の仕事を全て断り、劇団四季の『コーラスライン』のオーディションに全てを賭けて挑むも落選。しかしそれでも諦めきれず頼み込んで稽古を3か月続けたところ、演出家の浅利慶太に呼び出され、開始10〜15分でいなくなる役でもやる気があるかを問われ、「やります!」と即答した。そして父母が離婚して辛い日々のなかバレエが支えだったという、自身と境遇が似た女の子の役を射止めた。この時の経験や舞台の基礎的な部分の習得は宝物であり、人生観を大きく変えたという。

2008年4月、ニュージーランド政府観光局の初代オピニオンリーダーに就任。

2008年10月21日からは41年振りに資生堂のCMに出演している。

2013年4月から『スポーツニッポン』紙上で「我が道」を連載。

劇団四季、東宝をはじめとした様々な舞台やテレビドラマやCMなど各方面で活躍中である。

受賞歴

  • 2009年2月 - ジーンズフィフティ大賞特別賞
  • 2009年3月 - 第30回松尾芸能賞優秀賞

出演

映画

  • 他人の顔(1966年、東宝) - ウェイトレス 役
  • レッツゴー!若大将(1967年、東宝) - 悦子 役
  • 南太平洋の若大将(1967年、東宝) - 有田由美子 役
  • 怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967年、東宝) - サエコ 役
  • 喜劇 駅前火山(1968年、東宝) - 大木ひばり 役
  • 100発100中 黄金の眼(1968年、東宝) - ルビー 役
  • 街に泉があった(1968年、東宝) - 相沢真理 役
  • マクダルのカンフーようちえん(2012年8月11日公開、マジックアワー) - ミセス・マク役(声の出演)
  • 劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL(2013年9月14日公開、東宝) - アリーニ・マツバラ 役
  • TAP THE LAST SHOW(2017年6月17日公開、東映) - 松原貞代 役

テレビドラマ

  • 平四郎危機一発 第24話「邪魔者は消せ!!」(1968年、TBS)
  • コードナンバー108 7人のリブ(1976年、関西テレビ) - 芹沢マリ 役
  • 土曜ワイド劇場「幻の女 離婚殺人の罠」(1981年、テレビ朝日)
  • 火曜サスペンス劇場「女弁護士・高林鮎子3・新横浜発12時09分の女」(1988年、日本テレビ)
  • 先生のお気に入り(1991年、TBS) - 立原あかり 役
  • 金曜エンタテイメント「京都祇園芸妓シリーズ 月下美人殺人事件」(2000年、フジテレビ)
  • 女神の恋(2003年、NHK) - ナレーション
  • モンスターペアレント(2008年、関西テレビ) - 友竹真知子 役
  • 氷の華(2008年9月6日、テレビ朝日) - 篠原悦子 役
  • 本日も晴れ。異状なし(2009年1月 - 3月、TBS) - 知念キヌ 役
  • 金曜プレステージ「ホストの女房」(2009年9月4日、フジテレビ) - 高畠耀子 役
  • 交渉人2〜THE NEGOTIATOR〜(2009年11月19日、テレビ朝日) - 岸本恵子 役
  • マイガール(2009年11月20日、テレビ朝日) - 敬子 役
  • 特上カバチ!!(2010年1月17日、TBS) - 教祖 役
  • ティーンコート(2012年1月 - 3月、日本テレビ) - 笹倉玲子 役
  • 黒い十人の黒木瞳。「黒いパートタイマー」(2012年9月9日、NHK BSプレミアム)
  • ラスト♡シンデレラ 第6話(2013年5月16日、フジテレビ) - 立花光子 役
  • 金曜プレステージ「ヤバい検事 矢場健〜ヤバケンの暴走捜査〜3」(2014年2月14日、フジテレビ) - 神宮司貞子 役
  • 土曜ワイド劇場「スペシャリスト2」(2014年3月8日、テレビ朝日) - 清滝悦子 役
  • ドラマスペシャル「遺留捜査」(2014年10月19日、テレビ朝日) - 永田路子 役
  • 水曜ミステリー9「借王<シャッキング>〜華麗なる借金返済作戦〜」(2014年12月17日、テレビ東京) - 中田洋子 役
  • 木曜時代劇「かぶき者 慶次」(2015年4月 - 6月、NHK) - 和泉局 役
  • ホテルコンシェルジュ 第7話(2015年8月18日、TBS) - 牧原葉子 役
  • 土曜ワイド劇場「検事・朝日奈耀子17」(2016年4月9日、テレビ朝日) - 長澤紀子 役
  • 女たちの特捜最前線 第2話(2016年7月28日、テレビ朝日) - 児玉早苗 役
  • 連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016年11月28日 - 、NHK) - いつ子 役
  • 月曜名作劇場「新・十津川警部シリーズ1 伊豆・下田殺人ルート」(2017年1月23日、TBS) - 安原警部補 役
  • あいの結婚相談所(2017年7月 - 9月、テレビ朝日) - 土師野郁江 役
  • 日曜プライム 「おかしな刑事20」(2019年6月16日、テレビ朝日) - 川澄睦美 役

その他テレビ番組

  • ステージ101(1971年 - 1972年、NHK) - 3代目司会
  • 夜のヒットスタジオ(不定期、フジテレビ)
  • 一枚の写真(1985年8月1日、フジテレビ)
  • ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!(1990年、フジテレビ)
    • 『ビバリーヒルズ・コップ』のパロディビデオで丘の上でコップを持つ役
  • 午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ) - 準レギュラー
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 笑ってはいけないシリーズ(日本テレビ)
    • 絶対に笑ってはいけない新聞社24時(2008年12月31日) - 新聞社社員 役
    • 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時(2009年12月31日) - ホテル受付嬢 役
    • 絶対に笑ってはいけないスパイ24時(2010年12月31日) - GIA新喜劇で店主の妹 役
  • いい旅・夢気分「今こそ行きたい 旬の富山 世界遺産から雪の大谷へ」(2011年5月11日、テレビ東京)
  • ピカルの定理「ビバリとルイ〜B&L〜」 - 早乙女ビバリの母 役

舞台・ミュージカル

  • コーラスライン(1979年、日生劇場) - シーラ 役
  • ドリーミング(劇団四季)(1985年、青山劇場) - ベリリューヌ 役
  • 風と共に去りぬ(1987年、帝国劇場) - ベル・ワトリング 役
  • アプローズ(日生劇場) - マーゴ 役
    • アプローズ 〜映画『イヴの総て』より〜(2008年9月 - 10月、東京グローブ座 他)
  • ウエストサイドストーリー(日生劇場) - アニタ 役
  • キャバレー(1993年、シアターアプル)
  • レ・ミゼラブル(1997年 - 1999年、帝国劇場 他) - テナルディエ夫人 役
  • マンマ・ミーア!(2004年 - 2005年、電通四季劇場 他) - ターニャ 役
  • DREAM BOYS(2007年9月5日 - 30日、帝国劇場)
  • 宮廷女官 チャングムの誓い(2007年12月、日生劇場) - チョン・マルグム 役
  • ステッピング・アウト(2009年10月6日 - 12日、博品館劇場) - メイヴィス 役
  • Endless SHOCK(2013年2月4日 - 3月31日、帝国劇場 / 4月8日 - 30日、博多座 / 9月2日 - 29日、梅田芸術劇場) - オーナー 役
    • Endless SHOCK(2015年2月3日 - 3月31日、帝国劇場 / 9月8日 - 9月17日、梅田芸術劇場) - 左肩骨折のため途中降板
    • Endless SHOCK(2016年2月4日 - 3月31日、帝国劇場)
    • Endless SHOCK(2017年2月1日 - 3月31日、帝国劇場 / 9月8日 - 30日、梅田芸術劇場 / 10月8日 - 31日、博多座)
    • Endless SHOCK(2019年2月4日 - 3月31日、帝国劇場)
  • Legendary Ⅵ 〜Tne Show of Dream〜(2013年12月13日 - 15日、ブディストホール)
  • Broadway Musical IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ(2014年4月4日 - 20日、シアターコクーン 他) - アブエラ・クラウディア 役
  • 淑女のロマンス(2014年9月25日 - 10月2日、紀伊國屋ホール 他)
  • Fabulous Revue Boys 4(2014年12月12日 - 14日、ブディストホール)
  • ペール・ギュント(2015年7月11日 - 20日にKAAT神奈川芸術劇場ホール / 25日 - 26日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール) - オーセ 役
  • 夜が私を待っている 〜ナイト・マスト・フォール〜(2016年10月15日 - 30日、紀伊國屋サザンシアター / 11月12日、先代電力ホール) - ブラムソン夫人 役
  • カーテンコールをもう一度!(2017年1月5日 - 1月9日、天王洲 銀河劇場)
    • カーテンコールをもう一度!2018(2018年9月5日 - 7日、EXシアター六本木)
  • ブロードウェイと銃弾(2018年2月7日 - 28日、日生劇場 / 3月5日 - 20日、梅田芸術劇場メインホール / 3月24日 - 4月1日、博多座) - ヘレン 役
  • ピピン(2019年6月10日 - 30日、東急シアターオーブ) - バーサ 役(中尾ミエとWキャスト)

他多数

劇場アニメ

  • ヴァンパイアハンターD(2001年4月) - カーミラ役(吹き替え声優)

CM・広告

  • 資生堂
    • 「サンオイル サンスクリーン」(1966年)
    • 「Actea Heart」
    • 「エリクシール プリオール」(2008年10月 - )
  • ユニリーバ「ポンズ」(1983年)
  • 札幌松坂屋
  • トヨタ自動車「カローラ」(E20型)(E100前期型(ナレーションのみ))
  • 日産自動車「グロリア」(Y31型)
  • いちこし
  • アートネイチャー
    • 旅館・キレイを楽しむ旅・キャンペーン(2004年4月 - )
    • 「レディースアートネイチャー“ピュアライン”」(2004年6月 - )
    • 「フレアティ」(2004年8月 - )
  • ミツカン「純玄米黒酢」(2004年11月 - )
  • ユニクロ「チノ&カーゴ」(2006年2月 - )
  • イオン「グランド・ジェネレーション」
  • 任天堂 Wii「みんなのリズム天国」(2011年7月 - )
  • アサヒビール「クリアアサヒ」(2013年4月 -)
  • 雪印メグミルク「毎日骨ケアMBP」(2018年2月17日『産経新聞』朝刊全面広告など)

ディスコグラフィー

シングル

  1. ふたりの浜辺(1961年12月、コロムビア、P-5)※演奏:井上宗孝とシャープ・ファイヴ
    • 作詞:遠里真耶 / 作曲:遠里真耶 / 編曲:古屋紀
    : (c/w 愛のカデンツァ)
  2. いいことばかりないわ(1970年、フィリップス、FS-1152)
    作詞:岩谷時子 / 作曲:三木たかし / 編曲:高見弘
    (c/w あなただけでいいの)
  3. たった一度の人生(1971年、フィリップス、FS-1195)※共演:マイク眞木
    作詞:安井かずみ / 作曲:R. Germani / 編曲:ボブ佐久間
    (c/w 気楽に行こう)※共演:マイク眞木
  4. 恋のベラリンダ(1978年、キング、GK-161)
    作詞:杉紀彦 / 作曲:Zagar Ouerencic
    (c/w すてきなあなた)
  5. 誰にでも口づけを(1978年、キング、GK-238)
    作詞:小椋佳 / 作曲:小椋佳
    (c/w 涙の色)
  6. 優しい関係(1981年、ワーナー、L-1511W)
    作詞:八坂裕子 / 作曲:難波弘之 / 編曲:難波弘之
    (c/w ラスト・シーンはいらない)
  7. 日曜はダメよ!(Never On Sunday)(1984年10月5日、キャニオン、7A0412)
    作詞:Joe Darion / 訳詞:岩谷時子 / 作曲:Manos Hadjidakis / 編曲:青木望
    (c/w ヤ・ハラ(Ya Chara Bye Bye Bye))

オリジナル・アルバム

  1. マイクと美波里のアメリカ紀行(1971年、フィリップス、FS-8097)※共演:マイク眞木
  2. BIBARI〜前田美波里ファースト(1976年11月21日、キング、SKA-153)

参加作品

  • KOICHI DOMOTO 「Endless SHOCK」Original Sound Track 2‎(2017年4月19日)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/06/23 12:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 前田美波里
  • 前田美波里の作品
  • 前田美波里の受賞歴
  • 前田美波里の写真・画像
  • 前田美波里の動画
  • 前田美波里の関連記事
  • 前田美波里のDVD
  • 前田美波里のWikipedia
  • 前田美波里の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報