マーシャル・ハースコビッツ : ウィキペディア(Wikipedia)

マーシャル・ハースコビッツMarshall Herskovitz、1952年2月23日 - )は、アメリカのテレビ・映画の監督、製作者。フィラデルフィア出身。ブランダイス大学在学中に映画製作に傾倒。1985年、エドワード・ズウィックとともにベッドフォード・フォールズ・カンパニー(BEDFORD FALLS COMPANY)を設立した。

主な監督・製作作品

  • "thirtysomething"(TVシリーズ)を製作。1987年
  • 『みんな愛してる』 -Jack the Bear を監督。1992年
  • 『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』-Legends of the Fall を製作。1994年
  • 『アンジェラ・15歳の日々』(TVシリーズ)-My So-Called Life を製作。1994年
  • "Relatively"(TVシリーズ)を製作。1996年
  • 『娼婦ベロニカ』 -Dangerous Beauty を製作、監督。1996年
  • 『トラフィック』 -Traffic を製作。 2000年
  • 『I am Sam アイ・アム・サム』-I Am Samを製作。 2001年
  • "Women vs. Men"(TVシリーズ)を製作。2002年
  • 『ワンス・アンド・アゲイン』 -Once and Again を製作、監督、脚本。
  • 『ラストサムライ』-The Last Samurai を製作、脚本。2003年
  • 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 - Jack Reacher: Never Go Backを脚本。2016年

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2016/09/21 10:50 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「マーシャル・ハースコビッツ」の人物情報へ