ボルフガング・ベッカー : ウィキペディア(Wikipedia)

ヴォルフガング・ベッカー(Wolfgang Becker, 1954年 - )はドイツ出身の映画監督・脚本家。

略歴

ベルリンの大学で歴史などを学び、さらにGerman Film & Television Academyで映像制作を学ぶ。卒業制作作品"Schmetterlinge"で高い評価を得る。卒業後にはフリーのカメラマンとしても活躍。日本では『グッバイ、レーニン!』で知られている。

主な監督作品

  • グッバイ、レーニン! Good Bye Lenin! (2003)
  • 僕とカミンスキーの旅 Ich und Kaminski (2015)

俳優としての出演作品

  • わが教え子、ヒトラー (2008)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/08 20:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ボルフガング・ベッカー」の人物情報へ