ボリス・バルネット : ウィキペディア(Wikipedia)

ボリス・バルネットBoris Vasilyevich Barnet, ロシア語 , 1902年6月18日 - 1965年1月8日)は、ソビエト連邦(現在のロシア)の映画監督、脚本家、俳優である。

人物・来歴

ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワにボリス・ヴァシリェヴィッチ・バルニェットとして生まれる。

モスクワ美術大学の学生となり、16歳となった1918年ころ、赤軍に加盟し、専門的にボクシングを身に着けた。1924年、レフ・クレショフが監督した『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』に出演した。1927年には、フョードル・オツェプの共同監督として、『ミス・メンド』を初めて監督した。同年、『帽子箱を持った少女』を単独で監督した。

1963年に発表された『ちいさな駅』が最後の監督作となった。その後は沈黙し、アルコール中毒となった。

1965年1月8日、ソビエト連邦(現在のラトビア)のリガで自殺した。満62歳没。父ボリスの没後、娘のオルガ・バルネット はモスクワ芸術座の女優となった。

おもなフィルモグラフィ

  • 『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』 [[:en:The Extraordinary Adventures of Mr. West in the Land of the Bolsheviks|]] : 監督レフ・クレショフ、1924年 - 出演
  • 『ミス・メンド』 : 共同監督フョードル・オツェプ、1927年 - 監督
  • 『帽子箱を持った少女』 [[:ru:Девушка с коробкой (фильм)|]] : 1927年 - 監督
  • 『アジアの嵐』 [[:en:Storm Over Asia|]] : 監督フセヴォロド・プドフキン、1928年 - 出演
  • 『トルブナヤの家』 [[:en:The House on Trubnaya|]] : 1928年 - 監督
  • 『雪どけ』 [[:ru:Ледолом|]] : 1931年 - 監督
  • 『国境の町』 [[:en:Okraina (1933 film)|]] : 1933年 - 監督・脚本  
  • 『青い青い海』 [[:en:By the Bluest of Seas|]] : 1935年 - 監督
  • 『騎手物語』 [[:ru:Старый наездник (фильм, 1940)|]] : 1940年 / 1959年 - 監督
  • 『賞金首』  : 1942年 - 監督
  • 『ノヴゴロドの人びと』 : 1942年 - 監督
  • 『諜報員』 [[:en:Secret Agent (1947 film)|]] : 1948年 - 監督・出演
  • 『豊かな夏』 [[:ru:Щедрое лето (фильм)|]] : 1951年 - 監督
  • 『リャナ』 [[:ru:Ляна (фильм)|]] : 1955年 - 監督
  • 『レスラーと道化師』 [[:ru:Борец и клоун|]] : 1957年 - 監督
  • 『アリョンカ』 [[:ru:Алёнка (фильм)|]] : 1961年 - 監督
  • 『ちいさな駅』 [[:ru:Полустанок (фильм, 1963)|]] : 1963年 - 監督

関連事項

  • モスクワ美術大学(Moscow School of Painting, Sculpture and Architecture)
  • アラ・カザンスカヤ ([[:en:Alla Kazanskaya]])
  • オルガ・バルネット ([[:en:Olga Barnet]])
  • レフ・クレショフ ([[:en:Lev Kuleshov]])
  • ジガ・ヴェルトフ

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/10/17 15:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ボリス・バルネット」の人物情報へ