ボイチェフ・マルチェフスキ : ウィキペディア(Wikipedia)

ヴォイチェフ・マルチェフスキ, 1944年2月28日 - ) は、ポーランドの映画監督。

来歴

1944年2月28日、ウッチで生まれた。1964年にウッチ映画大学に入学した。

1968年、2本の短編『Most nad torami』と『Lekcja anatomii』で映画監督としてデビュー。その後は数本のテレビ映画を手がけた。

1979年、初の長編『悪夢』を発表。1981年の『悪寒』は翌1982年の第32回ベルリン国際映画祭で審査員グランプリを受賞した。1990年の『自由と呼ぶ映画館からの脱出』は翌1991年に第44回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、1992年の第20回アヴォリアッツ・ファンタスティック映画祭ではグランプリを受賞した。

作品

  • Most nad torami (1968年) 短編
  • Lekcja anatomii (1968年) 短編
  • Podrózni jak inni (1969年) テレビ映画
  • Pamiec (1970年) テレビ映画
  • Odejscia, powroty (1973年) テレビシリーズ
  • Wielkanoc (1975年) テレビ映画
  • Bielszy niz snieg (1976年) 短編
  • 悪夢 Zmory (1979年)
  • Klucznik (1980年) テレビ映画
  • 悪寒 Dreszcze (1981年)
  • 自由と呼ぶ映画館からの脱出 Ucieczka z kina 'Wolnosc' (1990年)
  • Czas zdrady (1997年)
  • Weiser (2001年)

関連項目

  • モラルの不安の映画

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/08 20:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ボイチェフ・マルチェフスキ」の人物情報へ