ブレット・イーストン・エリス : ウィキペディア(Wikipedia)

ブレット・イーストン・エリス(Bret Easton Ellis, 1964年3月7日 - )は、アメリカ合衆国の小説家。ジェネレーションXを代表する作家の一人。

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。シャーマン・オークス地区()で育ち、バーモント州ベニントン市のベニントン大学()で学んだ。学生時代、退廃的な生活を送る裕福な若者を描いた『レス・ザン・ゼロ』でデビュー。ジェイ・マキナニーと比較されることが多く、彼らの世代の小説家は「ニュー・ロスト・ジェネレーション(New Lost Generation)」(あらかじめ失われた世代)と呼ばれた。

著作

小説
  • レス・ザン・ゼロ (1985年、中江昌彦訳 中央公論社 1988年、中公文庫 1992年、ハヤカワepi文庫 2002年)
  • ルールズ・オブ・アトラクション (1987年、中江昌彦訳 中央公論社 1990年、ヴィレッジブックス 2003年)
  • アメリカン・サイコ (1991年、小川高義訳 角川書店 1992年、角川文庫 1995年)
  • インフォーマーズ (1994年、小川高義訳 角川書店 1997年)
  • Glamorama (1998年)
  • Lunar Park (2005年)
  • 帝国のベッドルーム Imperial Bedrooms (2010年、菅野楽章訳 河出書房新社 2014年)
ノンフィクション
  • White (2019年)

映画脚本

  • ザ・ハリウッド(DVD邦題:ザ・ハリウッド セックスと野望) The Canyons (2013年)
  • The Curse of Downers Grove (2015年)
  • Smiley Face Killers (2020年)

映像化された作品

  • レス・ザン・ゼロ (1987年、監督:マレク・カニエフスカ Marek Kanievska)
  • アメリカン・サイコ (2000年、監督:メアリー・ハロン
  • ルールズ・オブ・アトラクション (2002年、監督:ロジャー・エイヴァリー
  • Glitterati (2005年、監督:ロジャー・エイヴァリー)日本未公開
  • インフォーマーズ セックスと偽りの日々 (2008年、監督:グレゴール・ジョーダン)エリス自身が脚本を担当

なお、エリス自身についてのドキュメンタリー『This Is Not an Exit: The Fictional World of Bret Easton Ellis』(2000年)がある。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/23 13:02 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ブレット・イーストン・エリス」の人物情報へ