藤村志保 : ウィキペディア(Wikipedia)

藤村 志保(ふじむら しほ、本名;静永 操、旧姓;薄、1939年1月3日 - )は、日本の女優。神奈川県川崎市出身。所属事務所はオフィスポエム。日本子守唄協会副会長読売人物データベースから。

人物・来歴

4歳の時、父を戦争で失い、毛糸商を営む母に育てられた日外アソシエーツ現代人物情報より。1957年、フェリス女学院高等部卒業朝日新聞人物データベースより。

1961年、大映京都撮影所演技研究所に入所。

1962年、『破戒』に出演して各種新人賞を受賞。以降、大映のスターとして主に時代劇で活躍。

テレビドラマにも進出し、1965年、『太閤記』のねね役を演じたのをきっかけに大河ドラマで活躍。

『風林火山』での演技が認められ、第59回NHK放送文化賞を受賞した。

また『欽ちゃんのどこまでやるの!?』、『森田一義アワー 笑っていいとも!』テレフォンショッキング、『徹子の部屋』、『スタジオパークからこんにちは』などバラエティ番組やトーク番組にも多数出演し、軽妙なトークや撮影秘話などを披露。ドラマ・映画・舞台からは窺い知ることのできない素顔を見せている。

1979年、地唄舞の名手・武原はん(文化功労者)に師事、1985年から地唄舞披露「藤村志保の会」を開始し、以来、隔年にほぼ一度のペースで主宰読売人物データベースより。

1983年、女優として初めて、放送番組向上委員会委員に就任日外アソシエーツ現代人物情報より。

1985年には臓器移植を取材して著書『脳死をこえて』を書き上げ第6回読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞を受賞、同著はテレビドラマ化もされている。自身も腎臓バンクに登録、衆院法務委員会で参考人として意見を述べた日外アソシエーツ現代人物情報より。

放送文化資源・資料の保存にも関心を持っており、2011年には日本脚本アーカイブズ(後の一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム)に対し自身の出演作等の台本576冊を寄贈している活動記録 - 日本脚本アーカイブズ。

2014年にはNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』でナレーションを務め、演出意図から独特な語り口調が賛否両論を起こした。しかし、放送開始直前の同年1月3日に背骨を圧迫骨折する大けがを負い、医師から絶対安静と診断され、今後の収録は困難になったとの理由からナレーションを降板することが同年1月29日に発表された。ナレーションは同年2月16日放送分の第7回から元NHKアナウンサー広瀬修子に交代し、しばらく治療に専念「軍師官兵衛」のナレーション交代 藤村志保さんが骨折、絶対安静でMSN産経ニュース 2014年1月29日。同年8月までに全快し、同月12日に快気祝いが催されたという藤村志保 背骨の圧迫骨折治り快気祝い(1)デイリースポーツ 2014年8月13日藤村志保 背骨の圧迫骨折治り快気祝い(2)デイリースポーツ 2014年8月13日。

芸名の由来は、デビュー作の役名「志保」と原作者の島崎藤村から日外アソシエーツ現代人物情報より。

妹は、巣鴨で料亭「田村」を経営していたが、2014年に閉店した。

受賞

  • 1962年、ホワイト・ブロンズ賞助演女優賞「破戒」
  • 1962年、日本映画プロデューサー協会新人賞「破戒」朝日新聞人物データベース
  • 1985年、(第6回)読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞「脳死をこえて」
  • 1998年、川崎市文化賞
  • 1998年、(第53回)毎日映画コンクール・田中絹代賞
  • 2006年、(第30回)山路ふみ子映画賞・功労賞「二人日和」
  • 2007年、(第59回)NHK放送文化賞
  • 2007年、(第29回)ヨコハマ映画祭・特別大賞
  • 2012年、文化庁長官表彰
  • 2013年、(第37回)山路ふみ子文化財団特別賞

(日外アソシエーツ現代人物情報より)

出演

テレビドラマ

  • 大河ドラマ(NHK)
    • 太閤記(1965年) - ねね 役
    • 三姉妹(1967年) - おるい 役
    • 天と地と(1969年) - 藤紫 役
    • 黄金の日日(1978年) - 淀君 役
    • 太平記(1991年) - 清子 役
    • 八代将軍吉宗(1995年) - 安宮照子 役
    • 風林火山(2007年) - 寿桂尼 役
    • 軍師官兵衛(2014年) - ナレーション(第1回 - 第6回)
  • 必殺商売人 第8話「夢売ります手折れ花」(1978年、ABC) - 北岡菊
  • ザ・ガードマン(1965年、大映テレビ室、TBS)第7話「狂った獣」、第16話「ガードマンを罠にかけろ」
  • 源氏物語(1965年- 1966年、MBS) - 夕顔 役
  • 花ひらくとき(1966年、NHK劇場) - 三田村慶子(異母姉妹の姉) 役
  • 千姫(1966年、MBS) - 千姫 役
  • 新雪(1966年、NTV / 大映テレビ室)
  • 暢気眼鏡(1967年、TBS) - 芳江 役
  • 俄-浪華遊侠伝(1970年、TBS木下恵介・人間の歌シリーズ) - 小左門 役
  • 木枯し紋次郎 第1シリーズ 第4話「女人講の闇を裂く」(1972年、CX)
  • 赤ひげ 第46話「駆込み訴え」(1973年、NHK)
  • 宗方姉妹(1973年、NHK銀河テレビ小説)
  • 華麗なる一族(1974年 - 1975年、MBS / 東宝) - 三雲志保 役
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • おはようさん(1975年 - 1976年) - あかり 役
    • ハイカラさん(1982年) - 花 役
    • ひまわり(1996年) - 南田薫乃 役
    • てるてる家族(2003年 - 2004年) - 岩田ヨネ 役
    • だんだん(2008 - 2009年) - 花村久乃 役
  • 痛快!河内山宗俊 第21話「妻恋い、母恋い風ひとつ」(1976年、CX)
  • 幻花(1977年、NET) - お今 役
  • 青春の証明(1978年、MBS) - 時子 役
  • 大岡越前 第5部 第3話「欲しかった思い遣り」(1978年2月20日、TBS / C.A.L) - きの 役
  • 水戸黄門 第9部 第14話「鈴に秘めた愛 -高田-」(1978年11月6日、TBS / C.A.L) - お梶 役
  • 森繁久彌のおやじは熟年(1981年、ANB)
  • 火曜サスペンス劇場「家族の選択」(1983年、NTV)
  • 花へんろ(1985年、NHKドラマ人間模様) - フサ子 役
  • 木曜ゴールデンドラマ「帰ってきた娘」(1986年、YTV)
  • 男と女のミステリー「飢餓海峡」(1988年、CX) - 弓坂織江 役
  • きのうの敵は今日も敵(1995年、TBS東芝日曜劇場)
  • 金曜エンタテイメント「浅見光彦シリーズ・伊香保殺人事件」(1988年、CX)
  • 温泉へ行こう1〜5(1999年 - 2005年、TBS愛の劇場) - 蔵原志津江・蔵原(桜井)由季乃 役
  • 柳橋慕情(2000年、NHK時代劇ロマン)
  • 御家人斬九郎 第5シリーズ 第7話「母の夢」(2002年、CX / 映像京都) - 倉林琴江 役
  • ホーム&アウェイ(2002年、フジテレビ)
  • 松本清張没後10年特別企画・家紋 (2002年、テレビ東京) - 富島政江 役
  • 女と愛とミステリー「さすらい署長 風間昭平1」(2003年) - 南坂正子
  • 向田邦子の恋文(2004年、TBS)
  • ねばる女(2004年) - 根本良子 役
  • 不機嫌なジーン(2005年)- 仁子の母
  • 柳生十兵衛七番勝負 島原の乱 第4話「慈父の剣」(2006年)
  • フェイク 京都美術事件絵巻(2011年、NHK)
  • マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜(2011年、NHK)
  • ハンチョウ〜神南署安積班〜(2011年) - 本間清子 役
  • 月曜ゴールデン
    • 「浅見光彦シリーズ30」(2011年) - 宇戸佳代(深草千尋) 役
  • CBC開局60周年記念スペシャルドラマ「初秋」(2011年10月8日、CBC) - 旅館の女将 役
  • 蝶々さん(2011年) - 伊東みわ 役
  • 悪夢ちゃん(2012年、日本テレビ) - シスター・マリカ 役
  • 恐竜せんせい(2013年、NHK BSプレミアム) - 玉邑ツネ 役
  • 足尾から来た女(2014年、NHK) - 影山楳子 役

映画

  • 婦系図(1962年)
  • 破戒(1962年)
  • 斬る(1962年)
  • 鯨神(1962年)
  • 長脇差忠臣蔵(1962年)
  • 青葉城の鬼(1962年)
  • 忍びの者(1962年)
  • 新選組始末記(1963年)
  • 破れ傘長庵(1963年)
  • 対決(1963年)
  • 雑兵物語(1963年)
  • 続・忍びの者(1963年)
  • 末は博士か大臣か(1963年)
  • 座頭市喧嘩旅(1963年)
  • 眠狂四郎勝負(1964年)
  • 昨日消えた男(1964年)
  • 駿河遊侠伝 賭場荒し(1964年)
  • 無茶な奴(1964年)
  • 外人墓地の決斗(1964年)
  • 眠狂四郎女妖剣(1964年)
  • 忍びの者 続・霧隠才蔵(1964年)
  • 大捜査網(1965年)
  • 若親分(1965年)
  • 鼠小僧次郎吉(1965年)
  • 六人の女を殺した男(1965年)
  • 妻の日の愛のかたみに(1965年)
  • 悪名無敵(1965年)
  • 密告者(1965年)
  • ほんだら剣法(1965年)
  • 忍びの者 新・霧隠才蔵(1966年)
  • ほんだら捕物帖(1966年)
  • 若親分乗り込む(1966年)
  • 大殺陣 雄呂血(1966年)
  • 白い巨塔(1966年)
  • 眠狂四郎無頼剣(1966年)
  • 大魔神怒る(1966年)
  • 座頭市鉄火旅(1967年)
  • 若親分を消せ(1967年)
  • 東京博徒(1967年)
  • 若親分千両肌(1967年)
  • 古都憂愁 姉いもうと(1967年)
  • ひき裂かれた盛装(1967年)
  • なみだ川(1967年)
  • 怪談雪女郎(1968年)
  • 鉄砲伝来記(1968年)
  • 眠狂四郎悪女狩り(1969年)
  • あゝ陸軍隼戦闘隊(1969年)
  • 手錠無用(1969年)
  • 刑務所破り(1969年)
  • 忍びの衆(1970年)
  • 不毛地帯(1976年)
  • 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977年)
  • 遠野物語(1982年)
  • ラッコ物語(1987年)
  • 子連れ狼 その小さき手に(1993年)
  • わが愛の譜 滝廉太郎物語(1993年)
  • 東京日和(1997年)
  • あ、春(1998年)
  • 双生児(1999年)
  • 長崎ぶらぶら節(2000年)
  • 狗神(2001年)
  • ムルデカ17805(2001年)
  • 白い犬とワルツを(2002年)
  • 花(2003年)
  • 嗤う伊右衛門(2004年)
  • カーテンコール(2004年)
  • 二人日和(2004年)
  • 夕凪の街 桜の国(2007年)
  • 小津の秋(2007年)
  • 陰獣(2008年)※フランス映画
  • 砂時計(2008年)
  • 花のあと(2010年)
  • この空の花 長岡花火物語(2012年)
  • 悪夢ちゃん The 夢ovie(2014年) - シスターマリカ 役
  • 救いたい(2014年) - 吉田ふみ江 役

CM

  • 東京ガス(1965年 - 1969年)『東京ガス 暮らしのデザイン40年 1955→1994』1996年2月1日発行、株式会社アーバン・コミュニケーションズ。128頁~131頁
  • NTTドコモ - ドコモ田家編(2013年)

関連項目

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/11 08:23 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「藤村志保」の人物情報へ