藤井秀剛 : ウィキペディア(Wikipedia)

藤井 秀剛(ふじい しゅうごう、1974年9月10日 - )は、日本の映画監督。東京都出身。

経歴

  • 祖母は旧満州の奉天で三大映画館の1つといわれた大陸劇場の館主。その後、福岡へ引き上げ、映画館を再建。
  • 祖母の影響で育った母親の影響で映画好きとなり、小学校3年生の頃から8mmフィルムで映画を撮り始める。
  • 高校から単身でアメリカへ留学。ニューヨーク州スクール・オブ・ビジュアルアーツに入学。翌年、カルフォルニア州へ移り、1999年にカルフォルニア芸術大学を卒業。
  • 2000年、NTV系つんくタウンの企画募集に2500本の応募の中から選出され、『生地獄』で監督デビュー。
  • 『超擬態人間』で世界三大ファンタスティック映画祭の1つ、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭アジア部門において、日本人初のグランプリを受賞。
  • ホラー・サスペンスを専門に手掛けるジャンル映画監督として活躍し、現在に至る。

監督作品

映画(長編)

公開年作品名備考
2022年怨泊主演:ジョシー・ホー(香港映画)
2022年闇國~二重人格の男(『DUEL PERSONALITY』)
2021年半狂乱(『Frantic』)
2019年超擬態人間(『Mimicry Freaks』)ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 アジア部門 グランプリ受賞
2017年狂覗(『Redline crossing』)
2006年恐怖依存症
2005年怖来~furai
2001年マネーざんす 監金
2000年生地獄

映画(短編)

公開年作品名備考
2018年秘醒~PIZZA(東映 presents HKT48×48人の映画監督たち)主演:堺萌香
2020年見上げた空とマスク

。 。 。 。

外部リンク

  • POP
  • S-Kill
  • 狂覗

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/20 08:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「藤井秀剛」の人物情報へ