ピエール・ボスト : ウィキペディア(Wikipedia)

ピエール・ボストPierre Bost、1901年1月26日 ラザール - 1975年12月9日 パリ)は、フランスの小説家、ジャーナリスト、劇作家、脚本家である。ジャン・オーランシュとの脚本コンビ「オーランシュ=ボスト」として多くの作品を残したことで知られる。

来歴・人物

1901年1月26日、フランス・ガール県ラザールに生まれる。

喜劇『L'Imbécile』を書き、ヴィユ・コロンビエ劇場でデビュー、つづいて同題でノヴェライズした。

1939年から映画界に入り、アルベール・ヴァランタン監督の『L'Héritier des Mondésir』で脚本家としてデビューする。ひと足先に映画脚本家としてデビューしていたジャン・オーランシュとはそのときからのコンビである。1940年代初頭、たいへん多くの映画脚本やダイアローグを書き、彼の「共犯者オーランシュ」とはほとんどの作品でコンビを組んでおり、クロード・オータン=ララ監督の『パリ横断』(1956年)や『青い女馬』(1959年)、ミシェル・ボワロン監督の『学生たちの道』(1959年)などはいまも傑作たりつづけている。オータン=ララ、ルネ・クレマン、ジャン・ドラノワ監督との作品を多く残した。

1954年、まだ21歳であり、映画批評を書き始めたばかりのシネフィル、フランソワ・トリュフォーが、『カイエ・デュ・シネマ』1月号誌上に『フランス映画のある種の傾向』という攻撃的な論文を発表、「オーランシュ=ボスト」の脚本コンビは、「作家の映画」と相容れない「良質の伝統」の推進者として、そこで徹底的に批判された。トリュフォーは「フランス映画の墓掘り人」と呼ばれたが、同論文がその後のヌーヴェルヴァーグの流れを生んだ。

その後も「オーランシュ=ボスト」は健筆を揮い、1958年には、ブリジット・バルドーロジェ・ヴァディムを世に出した天才肌の若手プロデューサーラウール・レヴィに起用され、バルドー主演の『可愛い悪魔』の脚本を書き、1966年には、クレマン監督の『パリは燃えているか』の脚本を、アメリカの小説家ゴア・ヴィダルやデビュー直後の新進映画監督フランシス・フォード・コッポラとの共同作業で完成させ、1973年には、ボストの40歳下の若手監督ベルトラン・タヴェルニエの長篇第一作『サン・ポールの時計屋』を手がけ、同作は同年の最優秀作品に贈られるルイ・デリュック賞を獲得するにいたる。

1975年12月9日、パリで死去。。生前最後の作品となったタヴェルニエ監督の『判事と殺人者』(1975年)も「オーランシュ=ボスト」コンビによるものだった。同作は翌1976年3月10日にフランスで公開された。

ボストの没後、9年経ってから、タヴェルニエ監督は映画『田舎の日曜日』(1984年)に、ボストの小説『Monsieur Ladmiral va bientôt mourir(ラドミラル氏はもうすぐ死ぬ)』を原作にした。同作の全編にわたるすべてのシーンにナレーションで語られたテクストは、同小説からの引用である。同小説は、2005年再版されて、ガリマール出版社の「L'imaginaire」コレクションに収録された。

おもなフィルモグラフィ

  • L'Héritier des Mondésir 1939年 監督アルベール・ヴァランタン、共同脚本ジャン・オーランシュ、助監督ジャック・ベッケル ※脚本家デビュー作
  • 最後の切り札 Dernier atout 1942年 脚色 監督ジャック・ベッケル
  • Madame et le mort 1943年 監督ルイ・ダカン、原作ピエール・ヴェリー、脚色マルセル・エーメ
  • 田園交響楽 La Symphonie pastorale 1946年 監督ジャン・ドラノワ、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作アンドレ・ジッド
  • 肉体の悪魔 Le Diable au corps 1947年 監督クロード・オータン=ララ、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作レイモン・ラディゲ
  • ガラスの城 Le Château de verre 1950年 原作・脚本 監督・脚本ルネ・クレマン、共同原作ヴィッキ・バウム
  • Occupe-toi d'Amélie 1949年 監督クロード・オータン=ララ
  • 鉄格子の彼方 Le Mura di Malapaga 1949年 監督ルネ・クレマン、共同脚本ジャン・オーランシュ
  • 雪の夜の旅人 L'Auberge rouge 1951年 監督・脚本クロード・オータン=ララ、共同脚本ジャン・オーランシュ
  • 禁じられた遊び Jeux interdits 1952年 監督ルネ・クレマン、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作フランソワ・ボワイエ
  • 沈黙の家 La Voce del silenzio 1952年 監督G・W・パブスト
  • 青い麦 Le Blé en herbe 1953年 監督・脚本クロード・オータン=ララ、共同脚本ジャン・オーランシュ
  • 女と奇蹟 Jeanne 1954年 監督ジャン・ドラノワ、共同脚本ジャン・オーランシュ
運命 Destinées オムニバス 参加監督クリスチャン=ジャック、マルセル・パリエロ
  • 赤と黒 Le Rouge et le Noir 1954年 監督クロード・オータン=ララ、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作スタンダール
  • 首輪のない犬 Chiens perdus sans collier 1955年 監督ジャン・ドラノワ、共同脚本ジャン・オーランシュ、フランソワ・ボワイエ
  • 居酒屋 Gervaise 1956年 監督ルネ・クレマン、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作エミール・ゾラ
  • パリ横断 La Traversée de Paris 1956年 監督クロード・オータン=ララ
  • 可愛い悪魔 En cas de malheur 1958年 監督クロード・オータン=ララ、共同脚本ジャン・オーランシュ、製作ラウール・レヴィ
  • 黙って抱いて 1959年 監督・脚本マルク・アレグレ、共同脚本ジャン・オーランシュ、ロジェ・ヴァディム、オデット・ジョワイユ、ガブリエル・アルー、ジャン・マルサン
  • 学生たちの道 Le Chemin des écoliers 1959年 監督ミシェル・ボワロン、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作マルセル・エーメ
  • 青い女馬 La Jument verte 1959年 監督クロード・オータン=ララ
  • 生きる歓び Che gioia vivere 1960年 監督・原案ルネ・クレマン、原案グァルティエロ・ヤコペッティ
  • 悲しみの天使 Les Amitiés particulières 1965年 監督ジャン・ドラノワ、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作ロジェ・ペルフィット
  • パリは燃えているか Paris brûle-t-il ? 1966年 監督ルネ・クレマン、共同脚本ジャン・オーランシュ、ゴア・ヴィダルフランシス・フォード・コッポラ
  • Le Château perdu 1973年 監督フランソワ・シャテル、原作クロード=アンドレ・ピュジェ
  • サン・ポールの時計屋 L'Horloger de Saint-Paul 1973年 監督・脚本ベルトラン・タヴェルニエ、共同脚本ジャン・オーランシュ、原作ジョルジュ・シムノン
  • 判事と殺人者 Le Juge et l'Assassin 1975年 監督ベルトラン・タヴェルニエ、共同脚本ジャン・オーランシュ ※遺作
没後の作品
  • 田舎の日曜日 Un dimanche à la campagne 1984年 (原作) 監督・脚本ベルトラン・タヴェルニエ
  • 緑の山 Der Grüne Berg ドキュメンタリー 1990年 監督・脚本・製作・編集フレディ・ムーラー、共同脚本ベルトラン・タヴェルニエ、共同製作・撮影ピオ・コラーディ

関連事項

  • ジャン・オーランシュ(Jean Aurenche)
  • ヴィユ・コロンビエ劇場(Théâtre du Vieux-Colombier)
  • アルベール・ヴァランタン(Albert Valentin)
  • フランス映画のある種の傾向(Une certaine tendance du cinéma français

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/05 09:43 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ピエール・ボスト」の人物情報へ