ピーター・サラフ : ウィキペディア(Wikipedia)

ピーター・サラフPeter Saraf)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサーである。2004年にマーク・タートルトーブと共に映画製作会社を立ち上げ、同社で製作した『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)によってアカデミー作品賞にノミネートされた。

父親は映画プロデューサー・映画監督のアーヴィング・サラフである。

フィルモグラフィ

  • シャレード The Truth About Charlie (2002) 製作
  • アダプテーション Adaptation (2002) 製作総指揮
  • 僕の大事なコレクション Everything Is Illuminated (2005) 製作
  • リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine (2006) 製作
  • チョップショップ 〜 クイーンズの少年 Chop shop (2007) 製作総指揮
  • サンシャイン・クリーニング Sunshine Cleaning (2008) 製作
  • お家をさがそう Away We Go (2009) 製作
  • 我が家のおバカで愛しいアニキ Our Idiot Brother (2011) 製作
  • 彼女はパートタイムトラベラー Safety Not Guaranteed (2012) 製作
  • キングス・オブ・サマー The Kings of Summer (2013) 製作
  • アバウト・レイ 16歳の決断 About Ray (2015) 製作
  • ラビング 愛という名前のふたり Loving (2016) 製作
  • ヴィダ 故郷の母が遺したもの Vida (2018-2020) 製作総指揮
  • フェアウェル The Farewell (2019) 製作

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/06/04 08:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ピーター・サラフ」の人物情報へ