バレリオ・ズルリーニ : ウィキペディア(Wikipedia)

ヴァレリオ・ズルリーニValerio Zurlini、1926年3月19日 - 1982年10月28日)は、イタリアの映画監督、脚本家である。

略歴

1926年3月19日、イタリアのエミリア・ロマーニャ州ボローニャに生まれる。

1954年、『サンフレディアーノの娘たち』で長編映画監督としてデビュー。1957年にはズルリーニの原作をアルベルト・ラットゥアーダ監督が映画化した『芽ばえ』がナストロ・ダルジェント賞脚本賞を受賞した。

1959年の『激しい季節』を経て、1961年に製作した『鞄を持った女』が第14回カンヌ国際映画祭に出品されたことで最初の成功を収めた。本作はまた、主演のクラウディア・カルディナーレを一躍イタリア映画界のスターダムにのし上げた。

翌1962年、マルチェロ・マストロヤンニを主演に『家族日誌』を製作。第23回ヴェネツィア国際映画祭でサン・マルコ金獅子賞をアンドレイ・タルコフスキー監督の『僕の村は戦場だった』とともに受賞した。

1972年、フランス映画界のスター俳優アラン・ドロンがプロデュースする『高校教師』の監督を担当するも、編集を巡ってドロンと対立を起こした。

1976年、ディーノ・ブッツァーティの小説を映画化した『タタール人の砂漠』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞・監督賞、ナストロ・ダルジェント賞監督賞を受賞した。

1982年10月28日、ヴェネト州ヴェローナ県ヴェローナで死去。

2013年、修復された『タタール人の砂漠』が第66回カンヌ国際映画祭のカンヌ・クラシックス部門で上映された。

監督作品

  • サンフレディアーノの娘たち Le ragazze di San Frediano (1954年)
  • 激しい季節 Estate violenta (1959年)
  • 鞄を持った女 La ragazza con la valigia (1961年)
  • 家族日誌 Cronaca familiare (1962年)
  • 国境は燃えている Le soldatesse (1965年)
  • 右曲がりの土曜日 Seduto alla sua destra (1968年)
  • 高校教師 La prima notte di quiete|La prima notte di quiete (1972年)
  • タタール人の砂漠 Il deserto dei tartari (1976年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/12/12 13:22 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「バレリオ・ズルリーニ」の人物情報へ