ハンス・クリスチャン・ブレヒ : ウィキペディア(Wikipedia)

ハンス・クリスチャン・ブレヒHans Christian Blech, 1915年2月20日-1993年3月5日)は、ドイツの俳優。ハンス・クリスチャン・ブレッヒとも。

来歴

ドイツ・ヘッセンのダルムシュタット生まれ。1937年にバーデン=バーデンで初舞台を踏み、キール、ライプツィヒなどで舞台に立つ。第二次世界大戦中はドイツ陸軍兵士として東部戦線に出征。戦後は1947年から舞台活動を再開し、ベルリン、フランクフルト、ウィーンなどの劇場に出演したが、一方で映画にも本格的に出演。戦前の兵営生活、戦中の東部戦線、敗戦の混乱期のドイツ陸軍兵士の横顔をユーモアとペーソスたっぷりに描いた『08/15』(08/15) の三部作のプラツェック (Wachtmeister Platzek) 曹長の役で人気を得る。その後も、ベルンハルト・ヴィッキヴィム・ヴェンダース監督の映画作品にも出演し、人気を博した。

1993年、ミュンヘンにて死去。

主な出演作品

  • 08/15 08/15(1954)
  • 戦線の08/15 08/15 - Zweiter Teil(1955)
  • 最後の08/15 08/15 - In der Heimat(1955)
  • 史上最大の作戦 The Longest Day(1962)
  • モリツリ/南太平洋爆破作戦 Morituri(1965)
  • バルジ大作戦 Battle of the Bulge(1966)
  • レマゲン鉄橋 The Bridge at Remagen(1969)
  • 緋文字 Der Scharlachrote Buchstabe(1973)
  • まわり道 Falsche Bewegung(1975)
  • 連隊長レドル Oberst Redl(1985)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/02/28 08:24 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ハンス・クリスチャン・ブレヒ」の人物情報へ