服部良一 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 服部良一 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

服部良一のウィキペディア

服部 良一(はっとり りょういち、1907年10月1日 - 1993年1月30日)は、日本の作曲家、編曲家。また作詞家として村雨 まさを(むらさめ まさお)の名がある。大阪府大阪市東住吉区(現・平野区)出身。天王寺区出生。

ジャズで音楽感性を磨いた和製ポップス史における重要な音楽家の一人である。

来歴

生い立ちから上京まで

大阪市天王寺区玉造で出生。土人形師の父久吉と母スエの間に生まれた。

芸事好きの家族の影響で郷土の民謡である江州音頭や河内音頭を子守唄代わりに育つ。小学生のころから音楽の才能を発揮したが、学校を卒業後は商人になるためと、昼は働き夜は大阪市立実践商業学校に通うという日々を送る。姉の勧めで、好きな音楽をやりながら給金がもらえる千日前の出雲屋少年音楽隊に一番の成績で入隊する。しかしその2年後に、第一次大戦後の不景気もあって音楽隊は解散してしまう。なお、当初はオーボエを担当したが、粗悪な楽器で満足に音が出ず、サックスとフルートに転向してから著しく進歩を見せたと、後に述懐している。学生時代の同級生に安井郁がいた。

1926年にラジオ放送用に結成された大阪フィルハーモニック・オーケストラに入団。(第2フルートを担当) ここで指揮者を務めていた亡命ウクライナ人の音楽家エマヌエル・メッテルに見いだされ、メッテルから4年にわたって音楽理論・作曲・指揮の指導を受ける。ちなみにこのころ、朝比奈隆もメッテルから指導を受けている。 オーケストラの傍らジャズ喫茶でピアノを弾いていた。1929年頃、コッカレコードでサクソフォーンと編曲を担当、タイヘイレコードの専属となった。1931年頃には大阪コロムビアで街頭演歌師出身の作曲家鳥取春陽のジャズ演歌の編曲の仕事をした。

1932年、当時のヒット曲「酒は涙か溜息か(藤山一郎)」を剽窃したような「酒は涙よ溜息よ(歌は黒田進こと楠木繁夫)」なる曲をタイヘイの指示で書かされるが、こういった仕事をすることに嫌気がさし、1933年2月ディック・ミネの助言もあり、上京して菊地博がリーダーを務める人形町のダンスホール「ユニオン」のバンドリーダーにサクソフォン奏者として加わった。翌1934年2月、東京進出をはかったニットーレコードの音楽監督に就任した。

コロムビアの専属作曲家に

1936年コロムビアの専属作曲家となった。入社第一回の作品が同年1月23日吹き込みの淡谷のり子が歌う『おしゃれ娘』で、当時最先端の音楽であったスウィングジャズのイデイオムをふんだんに取り込んだ斬新な作品であった。1937年3月吹き込みによる淡谷のり子『別れのブルース』は、黒人ブルースをベースにした作品で、妖艶なソプラノで昭和モダンの哀愁を歌う淡谷が服部の意向を汲みアルトの音域で歌い、南里文雄に認められて一流の作曲家の仲間入りをはたす。その後ジャズのフィーリングをいかした和製ブルース、タンゴなど一連の和製ポピュラー物を提供。代表作としては、淡谷の『雨のブルース』、霧島昇渡辺はま子の『蘇州夜曲』、中野忠晴の『チャイナ・タンゴ』、モダンの余韻を残す霧島の『一杯のコーヒーから』、高峰三枝子が歌った感傷的なブルース調の『湖畔の宿』、機知にとんだコロムビア・ナカノ・リズムボーイズの『山寺の和尚さん』、渡辺の『いとしあの星』など、いずれも大ヒットし、服部メロディーの黄金時代を迎えた。だが、太平洋戦争が始まると服部が手がけるジャズ音楽は敵性音楽として排除された。そんななか、1942年に渡辺はま子の『風は海から』。1943年に李香蘭の『私の鶯』などの佳曲を発表し、軍歌一色の中で数少ない抒情性あふれる作風が評価された。

1944年上海に渡り(これは軍歌作曲の依頼から逃げるためだったという説がある)ジャズの活動の場を求めた。上海バンスキングの作者の斎藤憐は服部に取材して同作を書き上げた。李香蘭と上海交響楽団とともに、『夜来香』をシンフォニック・ジャズにした『夜来香幻想曲』を発表。上海交響楽団ではクラシックの指揮も行い、ロッシーニ作曲「ウィリアム・テル」序曲で、エディションの違いによるメロディーの相違についてイタリア人イングリッシュ・ホルン奏者(かつてアルトゥーロ・トスカニーニのもとで演奏した)と論争になった事を、後に自伝「僕の音楽人生」で語っている(この奏者の名前は語られていないが、在籍年次からしてジラデッロGiradelloではないかと思われる)。

敗戦後よりの活躍

第二次世界大戦後は、コロムビアを中心に旺盛な作曲活動を行い、戦前に実験済みだったブギのリズムを取り入れ(『荒城の月ブギ』を編曲)、笠置シヅ子との提携で『東京ブギウギ』『ヘイヘイブギ』、戦後のプロ野球ブームを歌った「『ホームラン・ブギ』、大阪弁をモチーフにしたラップの原型と評価される『買い物ブギ』などのブギウギの名曲をヒットさせた。このほか主要な作品には、藤山一郎、奈良光枝による『青い山脈』、二葉あき子が歌った『夜のプラットホーム』(1939年に淡谷が吹込んだが、「出征兵士の士気を殺ぐ」という理由で発禁処分)、霧島昇が歌った『夢去りぬ』・『胸の振り子』、近江敏郎と二葉あき子によるタンゴ調の『黒いパイプ』。ビクターでは灰田勝彦が歌った『東京の屋根の下』、市丸の『三味線ブギウギ』などがある。

また詩人としての才能も発揮し、前述の『買い物ブギ』や『銀座セレナーデ』(唄 藤山一郎)などを村雨まさを名義で発表しヒットさせたが、終生この名を使った。その後も流行歌作品、管弦楽曲、声楽曲などの創作を精力的に続ける傍ら、本レコード大賞の創設にも尽力するなど日本のミュージックシーンの発展に尽くし、1969年に紫綬褒章を受章。その後、勲三等瑞宝章も受章。

1993年1月30日、呼吸不全のため85歳で死去。死後、作曲家としては古賀政男に次いで2人目の国民栄誉賞が授与された。2007年12月30日、第49回日本レコード大賞にて特別賞を受賞した。

親族

息子に作曲家の服部克久と俳優の服部良次、孫に服部隆之(克久の長男)、バレエダンサーの服部有吉(良次の息子)、曾孫にヴァイオリニストの服部百音がいる。歌手で宝塚歌劇団出身の服部富子は妹。

作品

主な作品

  • おしゃれ娘(詞:久保田宵ニ、歌:淡谷のり子
  • 別れのブルース(詞:藤浦洸、歌:淡谷のり子)
  • 雨のブルース(詞:野川香文、歌:淡谷のり子)
  • 蘇州夜曲(詞:西條八十、歌:渡辺はま子霧島昇
  • いとしあの星(詞:サトウハチロー、歌:渡辺はま子
  • 一杯のコーヒーから(詞:藤浦洸、歌:霧島昇、ミスコロムビア
  • 胸の振り子ところによっては「胸の振子」と表記している場合もある。(詞:サトウハチロー、歌:霧島昇)
  • 湖畔の宿(詞:佐藤惣之助、歌:高峰三枝子
  • 私の鶯(詞:サトウハチロー、歌:李香蘭
  • 東京ブギウギ(詞:鈴木勝、歌:笠置シヅ子
  • ジャングル・ブギー(詞:黒澤明、歌:笠置シヅ子。映画『醉いどれ天使』の挿入歌)
  • 買物ブギー(詞:村雨まさを服部良一の作詞時の筆名、 歌:笠置シヅ子)
  • 三味線ブギウギ(詞:佐伯孝夫、歌:市丸
  • ホームラン・ブギ(詞:サトウハチロー、歌:笠置シヅ子)
  • 青い山脈(詞:西條八十、歌:藤山一郎奈良光枝
  • 東京の屋根の下(詞:佐伯孝夫、歌:灰田勝彦
  • 銀座カンカン娘(詞:佐伯孝夫、歌:高峰秀子
  • 山寺の和尚さん(詞:久保田宵ニ、歌:中野忠晴、コロムビア・リズム・ボーイズ)
  • 銀ブラ娘(詞:藤浦洸、歌:美空ひばり
  • あじさい旅情(詞:石本美由起、歌:島倉千代子
  • 意想曲1936年(越天楽やチャイコフスキーのスラヴ行進曲、三善和気の戦友などが引用されている)
  • 若人の歌(管弦楽とジャズ)
  • 室内管弦楽組曲「東亜共栄圏」
  • 夜来香幻想曲(シンフォニック・ジャズ)
  • 管弦楽曲「中支の印象」
  • カンタータ「文明開化録」(詞:佐藤惣之助)
  • ラジオ・オペラ「桃太郎」(台本:サトウハチロー)
  • 東京のアメリカ人(アメリカ人の東京見物)
  • オペラ「聖者の恋」(台本:寺崎浩)
  • ラジオ・オペラ「新浦島物語」(台本:藤田敏雄)
  • ピアノ小協奏曲(宅孝二によるピアノ独奏で初演)
  • 交響組曲「香港」
  • 交響詩曲「ぐんま」(詞:鈴木比呂志)
  • おおさかカンタータ (詞:喜志邦三・坂田寛夫、朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団・合唱団により演奏)
  • 夜のプラットホーム(詞:奥野椰子夫、歌:二葉あき子
  • 東京ブルース(詞:西條八十、歌:淡谷のり子)
  • 懐かしのボレロ(詞:藤浦洸、歌:藤山一郎)
  • 山のかなたに(詞:西條八十、歌:藤山一郎)
  • 箏、合唱と管弦楽のための「漂泊」
  • 交響詩「富士」
  • 2つのクラリネットのための協奏曲
  • グランド・ワルツ「グリーン利根」 (詞・鈴木比呂志、群馬交響楽団他)
  • 交声曲「あかぎ賛歌」 (詞・鈴木比呂志、群馬交響楽団他)

映画音楽

テレビ音楽

  • OTVシグナルミュージック (大阪テレビ放送の開始終了音楽ISIS本座「まぼろしのテレビ局」(11) 朝日放送と合併してからもABCテレビにて使われ34年間毎朝演奏された。テレビでの使用終了後、2014年8月からはABCラジオの毎週月曜早朝のオープニングで使用されている。)
  • 光速エスパーの主題歌「光速エスパーの歌」

学校校歌

  • 高槻市立清水学校校歌(詞:郷田悳)
  • 久喜市立本町小学校校歌(詞:濱梨花枝)
  • 前橋市立大利根小学校校歌(詞:有川美亀男)
  • 富岡市立西中学校校歌(詞:鈴木比呂志)
  • 香港日本人学校校歌(詞:鳩貝実次郎)
  • 香港日本人学校の歌(詞:藤田一郎)
  • 浜松市立細江中学校校歌(詞:細江中学校国語部)
  • 宮崎県立宮崎西高等学校校歌(詞:南邦和)

トリビュートアルバム

  • 服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜(2007年10月17日)生誕100周年を記念して発売されたトリビュート・アルバム。

書籍

  • 『ぼくの音楽人生』、日本文芸社、1993年3月

テレビ出演

  • 今夜は最高!(1982年3月13日)パートナーは吉田日出子
  • 日立テレビシティ「昭和ラプソディ」(1985年、TBS)特別出演。

関連項目

  • 昭和モダン
  • J-POP

参考文献

  • 井上ひさし「服部良一物語」(扇田昭彦『井上ひさし』白水社 2011年)pp.10-69(「the座」に連載で中断)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/10/27 11:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 服部良一
  • 服部良一の作品
  • 服部良一の受賞歴
  • 服部良一の写真・画像
  • 服部良一の動画
  • 服部良一の関連記事
  • 服部良一のDVD
  • 服部良一のWikipedia
  • 服部良一の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi