ニール・ヤング : ウィキペディア(Wikipedia)

| 職業 = | 担当楽器 = | 活動期間 = 1963年 - | レーベル = | 共同作業者 = | 公式サイト = Neil's Garage | 著名使用楽器 = }} ニール・パーシヴァル・ヤング(、1945年11月12日 - )は、カナダ・トロント出身のシンガーソングライター。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。1969年にソロデビューし、1995年にはロックの殿堂入りを果たした。

バンクーバーオリンピックの閉会式では、カナダ代表のミュージシャンとしてライブ・パフォーマンスをした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第83位、2011年の改訂版では第17位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第37位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第34位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位。

経歴

1945年11月12日、カナダ、オンタリオ州のトロントで生まれた。父はジャーナリストでスポーツ・ライターであり、母はドーターズ・オブ・ジ・アメリカン・レボリューションの会員だった。彼は、ロックンロール、ロカビリー、ドゥーワップ、カントリーなどの影響を受けた。さらに、エルヴィス・プレスリーを筆頭に、チャック・ベリー、ハンク・マーヴィン、リトル・リチャード、ファッツ・ドミノ、シャンテルズ、モノトーンズ、ロニー・セルフ、フリートウッズ、ジョニー・キャッシュ、ロイ・オービソンらから音楽的影響を受けた。やがてヤングはカナダのマニトバ大学に進学し、「4次元フォーク・クラブ」に入る。そのクラブにはジョニ・ミッチェルがいたhttp://www.discogs.com/artist/90233-Joni-Mitchell。二人は「シュガー・マウンテン」などをいっしょに歌った。同曲に対するミッチェルのアンサー・ソングが「サークル・ゲーム」である。ゲス・フーのランディ・バックマンとも知り合った。ニールはマイナー・バーズというグループを組んだが、同バンドには後に大成功するリック・ジェームズも在籍していた。

1966年、スティーヴン・スティルスらとともにバッファロー・スプリングフィールドを結成。

脱退後、1969年1月、ファースト・ソロ・アルバム『ニール・ヤング』を発表した。元々は6人編成のバンドだったザ・ロケッツのうち、ダニー・ウィットン(ギター)、ラルフ・モリーナ(ドラムス)、ビリー・タルボット(ベース)の3人がニールに見初められて、彼のバックバンドとしてクレイジー・ホースが結成された。同年5月、クレイジー・ホースと共にセカンド・アルバム『ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース』を発表。

同年6月頃、クロスビー、スティルス&ナッシュに加入CSN Box Set Tracklistした。同グループはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングへと発展した。

1972年1月発売の4枚目のアルバム『ハーヴェスト』がアメリカ、イギリス、カナダで1位を記録した。同年11月18日、ダニー・ウィットンがヘロイン中毒のため死亡。クレイジー・ホースには新メンバーとしてギタリストのフランク・サンペドロが加入した(なお、ニールとの活動とは別に、クレイジー・ホースとしてのアルバムも発表している)。

ゲフィン・レコードに移籍してからは、シンセサイザーやヴォコーダーを多用した『トランス』(1982年)、ロカビリーに特化した『エヴリバディズ・ロッキン』(1983年)といった異色作のリリースが続き、1983年12月にはゲフィン側が「ニール・ヤングらしくないアルバムばかり作っている」という理由でヤングを訴える事態となった。それに対してヤングは、アーティストの自由を主張し、最終的にはゲフィン側がヤングに謝罪した。そして、1987年の『ライフ』でゲフィンとの契約を満了し、古巣のリプリーズ・レコードに復帰した。

ヤングはフォークやカントリー、ロカビリー、テクノ、グランジなど、発表作品ごとにバラエティに富んだアプローチをとることが多い。

ボーカルも個性的で、その鼻にかかったような弱々しい印象のハイトーンの声は、バラードには無垢な繊細さ、グランジ風の曲の際にはアナーキーな雰囲気をかもしている。ギタープレイは、テクニカルな側面は強くないが、歪ませた爆音を含むそのプレイは個性的なものである。また、武骨かつ繊細なアコースティック・ギターのプレイも「孤独な旅路」「ロッタ・ラヴ」などでお馴染みとなっている。

1995年にソロとして、1997年にはバッファロー・スプリングフィールドとしてロックの殿堂入りを果たした。ただし、ヤングは1997年の授賞式に関しては、テレビと連動した手法に異議を唱えて出演拒否した。

人物

社会的活動

ウィリー・ネルソンとともに始めた「ファーム・エイド」にも、設立以来長年にわたって参加しており、農業経営者への支援を呼びかけている。ファーム・エイドにはジョン・メレンキャンプ、エミルー・ハリス、ヴィンス・ギル、アレックス・ハーヴェイ、ステッペン・ウルフ、ボブ・ディラン、BBキングhttp://www.farmaid.org/festival/past-farm-aid-festivals/らが参加したことがある。また数十組が参加した85年以降も毎回、日本で報道されるよりもはるかに大勢のミュージシャンが参加している。化学企業のモンサント社に反対したり、ノース・ダコタ州への石油パイプ・ラインに反対http://nme-jp.com/news/30149/したりと、若き日と変わらぬ社会問題への関心の深さを示している。石油パイプ・ライン反対運動への曲「Indian Givers」も発表している。

自身の子供が障害児であるという経緯から、障害者の支援にも積極的に関わっており、夫婦でチャリティー・コンサート「ブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサート」を毎年開催、自身の顔の広さを活かし、過去にボブ・ディラン、サイモン&ガーファンクル、エルトン・ジョンルー・リードピート・タウンゼントブライアン・ウィルソン、ドン・ヘンリー、ブルース・スプリングスティーントム・ペティエルヴィス・コステロジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラー、R.E.M.レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ソニック・ユース、パール・ジャムシェリル・クロウ、スマッシング・パンプキンズ、グリーン・デイ、ベック、フー・ファイターズ、ノラ・ジョーンズなどの錚々たるミュージシャンを招いている。

ギャラリー

File:Neil Young 1976.jpg|USA・オースティン公演 (1976年11月) File:Neil Young on chopper.jpg|ハーレー・チョッパーに乗車 (1992年) File:Neil Young 1996.jpg|フィンランド・トゥルク公演 (1996年6月) File:Stephen Stills and Neil Young 2006.jpg|同僚スティーヴン・スティルスと (2006年8月) File:Neil Young & Crazy Horse.jpg|ニール・ヤング&クレイジー・ホース (2009年) File:Neil Young, 2013 01.jpg|ルクセンブルク・エシュ=シュル=アルゼット公演 (2013年7月) File:Neil Young Star on Canada's Walk of Fame.jpg|母国カナダにある「名声の歩道」 (2009年4月)

ディスコグラフィ

発表年アルバム名名義
邦題原題
オリジナル・アルバム
1969年1月ニール・ヤングNeil YoungSolo
1969年5月ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホースEverybody Knows This Is NowhereCrazy Horse
1970年8月アフター・ザ・ゴールド・ラッシュAfter The Gold RushSolo
1972年ハーヴェストHarvestThe Stray Gators
1972年過去への旅路Journey Through the PastSolo
1973年時は消え去りてTime Fades AwayThe Stray Gators
1974年渚にてOn the BeachSolo
1975年6月今宵その夜Tonight's The NightThe Santa Monica Flyers
1975年11月ズマZumaCrazy Horse
1977年アメリカン・スターズン・バーズAmerican Stars N' BarsSolo
1978年10月カムズ・ア・タイムComes a TimeSolo
1979年7月ラスト・ネヴァー・スリープスRust Never SleepsCrazy Horse
1979年11月ライヴ・ラストLive RustCrazy Horse
1980年タカ派とハト派Hawk & DovesSolo
1981年リアクターReactorCrazy Horse
1982年トランスTransSolo
1983年エヴリバディズ・ロッキンEverybody's RockinShocking Pinks
1985年オールド・ウェイズOld WaysSolo
1986年7月ランディング・オン・ウォーターLanding On WaterSolo
1987年ライフLifeCrazy Horse
1988年4月ディス・ノーツ・フォー・ユーThis Note's For YouThe Bluenotes
1989年4月エルドラドEldorado (Mini-LP)Restless
1989年10月フリーダムFreedomSolo
1990年9月傷だらけの栄光Ragged GloryCrazy Horse
1991年10月ウェルド:ライブ・イン・ザ・フリー・ワールドWeldCrazy Horse
1991年11月ArcCrazy Horse
1992年10月ハーヴェスト・ムーンHarvest MoonSolo
1993年6月アンプラグドUnpluggedSolo
1994年8月スリープス・ウィズ・エンジェルズSleeps With AngelsCrazy Horse
1995年6月ミラー・ボールMirror BallSolo
1996年3月デッドマン(オリジナル・サウンドトラック)Deadman OSTSolo
1996年7月ブロークン・アローBroken ArrowCrazy Horse
1997年6月イヤー・オブ・ザ・ホースYear Of The HorseCrazy Horse
2000年4月シルヴァー・アンド・ゴールドSilver & GoldSolo
2000年11月ロード・ロックRoad Rock vol.1Friends & Relatives
2002年3月アー・ユー・パッショネイト?Are You Passionate?Solo
2003年8月グリーンデイルGreendaleCrazy Horse
2005年10月プレーリー・ウィンドPrairie WindSolo
2006年6月リヴィング・ウィズ・ウォーLiving With WarSolo
2007年10月クローム・ドリームスIIChrome Dreams IISolo
2009年4月フォーク・イン・ザ・ロードFork in the RoadSolo
2010年9月ル・ノイズLe NoiseSolo
2012年6月アメリカーナAmericanaCrazy Horse
2012年8月サイケデリック・ピルPsychedelic PillCrazy Horse
2014年4月ア・レター・ホームA Letter HomeSolo
2014年11月ストーリートーンStorytoneSolo
2015年6月ザ・モンサント・イヤーズThe Monsanto YearsPromise of the Real
2016年6月アースEarthPromise of the Real
2016年12月ピース・トレイルPeace TrailSolo
2017年9月ヒッチハイカーHitchhikerSolo
2017年12月ザ・ヴィジターThe VisitorPromise of the Real
2018年4月パラドックスの瞬間(とき)(オリジナル・サウンドトラック)Paradox (Original Music from the Film)Promise of the Real
2019年10月コロラドCOLORADOCrazy Horse
2020年6月ホームグロウンHomegrownSolo
コンピレーション
1977年11月デケイド:輝ける10年Decade
1993年1月ラッキー・サーティーンLucky Thirteen
2004年11月グレイテスト・ヒッツGreatest Hits
アーカイブシリーズ
2006年11月ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イーストLive At The Fillmore EastCrazy Horse
2007年4月ライヴ・アット・マッシー・ホール1971Live At Massey Hall 1971Solo
2008年12月シュガー・マウンテン・ライヴ・アット・カンタベリー・ハウス・1968Sugar Mountain: Live at Canterbury House 1968Solo
2009年6月Neil Young Archives Volume 1:1963-1972
2009年12月ドリーミン・マン・ライヴ '92Dreamin' Man Live '92Solo
2011年7月ア・トレジャーA TreasureSolo
2014年1月ライヴ・アット・ザ・セラー・ドアLive at the Cellar DoorSolo
2015年11月ブルーノート・カフェNeil Young and Bluenote CafeSolo
2018年4月ロキシー:トゥナイツ・ザ・ナイト(今宵その夜)・ライヴRoxy: Tonight's the Night LiveThe Santa Monica Flyers

来日公演

  • 1976年(Crazy Horse)
3月3日・愛知県体育館、3月4日-3月6日・フェスティバルホール、3月8日・九電記念体育館、3月10日-3月11日・日本武道館
  • 1989年(Lost Dogs)
4月27日・横浜文化体育館、4月28日-4月30日・NHKホール、5月2日・フェスティバルホール、5月5日・名古屋市公会堂
  • 2001年(Crazy Horse)
7月28日・フジ・ロック・フェスティバル
  • 2003年(Crazy Horse - Greendale tour)
11月10日・大阪城ホール、11月12日・福岡サンパレス、11月14日-11月15日・日本武道館

出典

関連人物/集団

関連項目

  • ウッドストック・フェスティバル
  • ウェストコースト・ロック
  • いちご白書
  • ラスト・ワルツ
  • ヒッピー
  • カウンターカルチャー
  • アンダーグラウンド (文化)
  • ファーム・エイド
  • Pono(ニールが設立)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/07 11:52 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ニール・ヤング」の人物情報へ