ナンシー・ウィルソン : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > ナンシー・ウィルソン > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

ナンシー・ウィルソンのウィキペディア

ナンシー・ウィルソン(Nancy Wilson、1937年2月20日 - 2018年12月13日)は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の女性ジャズ/R&B歌手。70枚以上のアルバムをリリースし、3度のグラミー賞を受賞した。

経歴

1956年にビッグバンドのボーカルとして活動を始め、キャノンボール・アダレイの誘いで1959年にニューヨークに移住。翌1960年にキャピトル・レコードからデビューした。

多数のアルバムをリリースしヒットしたほか数々のテレビ出演でも知られ、NBCテレビで1967-1968年に自身がホストを務める番組『The Nancy Wilson Show』を手がけエミー賞を受賞した。

1970年代までレーベルは「キャピトル・レコード」一筋だった。1968年、2005年、2007年には「グラミー賞」を受賞。2011年に、音楽活動から一線を退いている。

2018年12月13日、カリフォルニア州の自邸にて、長い病気の末に死去したことが明らかにされた。。

ディスコグラフィティ

主なスタジオアルバム

  • Like in Love (1959)
  • Something Wonderful (1960)
  • The Swingin's Mutual! (1961)
  • Nancy Wilson/Cannonball Adderley (1962)
  • Broadway – My Way (1963)
  • Hollywood – My Way (1963)
  • Yesterday's Love Songs/Today's Blues (1964)
  • Today, Tomorrow, Forever (1964)
  • The Nancy Wilson Show! (1965)
  • Tender Loving Care (1966)
  • Lush Life (1967)
  • Welcome to My Love (1967)
  • Hurt So Bad (1969)
  • But Beautiful (1969)
  • Life, Love and Harmony (Sunshine) (1978]
  • Love, Nancy (1994)
  • A Nancy Wilson Christmas (2001)
  • R.S.V.P. (Rare Songs, Very Personal) (2004)
  • Turned to Blue (2006)

来日公演

  • 1969年
  • 1972年
  • 1974年
    11月9日 渋谷公会堂、10日大阪厚生年金会館、12日 福岡市民会館、13日 熊本市民会館、15日 京都会館 第一ホール、16日 新宿・ビッグ・トゥギャザー、18日 静岡駿府会館、21日 金沢市観光会館、22日 名古屋市民会館、24日 中野サンプラザ
  • 1977年
    6月6日 京都会館、7日,9日 フェスティバルホール、8日 神戸国際会館、10日 倉敷市民会館、11日,12日 福岡市民会館、13日 小倉市民会館、14日 熊本市民会館、16日,17日,18日 東京厚生年金会館、21日 神奈川県立県民ホール、22日 名古屋市公会堂
  • 1981年
    オーレックス・ジャズ・フェスティバル
  • 1983年
  • 1987年
    10月9日 フェスティバルホール、14日 昭和女子大学人見記念講堂

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/02/05 15:32 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • ナンシー・ウィルソン
  • ナンシー・ウィルソンの作品
  • ナンシー・ウィルソンの受賞歴
  • ナンシー・ウィルソンの写真・画像
  • ナンシー・ウィルソンの動画
  • ナンシー・ウィルソンの関連記事
  • ナンシー・ウィルソンのDVD
  • ナンシー・ウィルソンのWikipedia
  • ナンシー・ウィルソンの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報