なべやかん : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > なべやかん > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

なべやかんのウィキペディア

なべやかん(1970年8月22日 - )は、東京都出身の、お笑いタレント・俳優・演出家・元パワーリフティング日本代表。元オフィス北野所属。身長156cm山田まりやオフィシャルブログ公称156cmだが153cmの山田まりやと背比べでほぼ同じである。

来歴・人物

本名は渡辺 心(わたなべ しん)。なべおさみ笹るみ子夫妻のもとに出生。姉がひとりいる。

ファッションモデルの平子理沙とは成城学園初等学校の同級生(小学4年生まで)。元TBSアナウンサーの雨宮塔子と女優の鶴田真由、衆院議員の中山泰秀は成城学園高校の同級生。なお、高校3年で留年し、1学年下だった漫画ライターの大西祥平と同じクラスになった『犯罪地獄変』水声社より。

成績不振で1年留年した上に成城大学への内部進学もできず、他大学への受験もことごとく失敗し2年浪人した(通算3浪)。そのため彼の父親・なべおさみが明治大学の替え玉受験をしてしまい、後に「明治大学替え玉受験」と報道され、当時のワイドショーネタとして大々的に採り上げられた。なお、おさみによれば替え玉受験の願書を提出したのは明大二商で相撲部への推薦という形であった。なお、中学・高校時代はラグビー部に所属していた。

この事件によりおさみがバッシングに遭うなど喧騒の中で、おさみは由利徹に息子の庇護・師事を求め、「しばらく付け人として由利のもろもろの世話を…」という形でやかんの芸能界生活がスタートする。しかし、替え玉受験でしか大学に入れないような人間が親の七光りだけで芸能界入りしたことには疑問の声が多かった。また、この替え玉事件の余波として当時明治大学教授だった栗本慎一郎が、「大学の腐敗と学生の怠惰に抗議する」と表明して、突如教授を辞任する事態が起こった。

その後、由利の元を離れたけし軍団に加入する。深夜番組に出演した際に「替え玉受験で大騒ぎになっている時、実は知り合いのマンションに潜伏していたが、そのマンションの目の前が『身代り不動尊』でした」と述懐して師匠のビートたけし・高田文夫両名に「馬鹿野郎!」と突っ込まれたことがある。たけし軍団入りが大きな話題になったためにそれが芸能活動のスタートという印象が強く、前述の由利徹の付き人経験はあまり知られていない。

芸名も父の芸名なべ、明治大学二商の裏口入学に失敗したこと、夜間を土瓶型道具の「やかん」に引っ掛けた事から命名。ちなみに本名はフィギュアスケート選手の渡辺心と同名の漢字だが、彼女は「わたなべ のぞみ」と読む。また文化放送「吉田照美のやる気MANMAN!」の番組中、本名が渡辺心であることに対し、ゲストの矢沢心から露骨に不快感を表されている。なお、この本名は、なべおさみの当時の所属事務所渡辺プロダクションの社長・渡辺晋(わたなべ しん)の音を借りたものである。

近年は一時期に比べて話題になることは少なくなったものの、2007年後半には自身のブログでの発言が様々な話題を巻き起こした。10月11日にWBC世界フライ級タイトルマッチが行われた際には挑戦者であった亀田大毅のボクシングスタイルと数々の反則行為に対して痛烈に批判。また11月13日に行われた、落語家の春風亭小朝、泰葉夫妻の離婚会見についても、その様子を痛烈に批判している。

前者は反則行為を行った亀田に対する批判に加え、芸能人という立場でありながら、番組制作サイドの姿勢についても厳しく言及するなどの毅然とした内容であり、これに対し賛否を含め大きな反響が巻き起こった。その一方で後者については、かなり過激な表現(泰葉は放送禁止、海老名家はおかしい、泰葉は奈良の騒音おばさんと同じ類の人間等)を用いたため、一部擁護の意見以外非難が殺到し同ブログが炎上した。

なお、以後もブログの更新は続いており、その過激な発言への反響については当初ノーコメントを貫いた上新しい記事にはブログ読者の書き込みを禁止して、騒動を黙殺するかのような動きも見えたが、後にその件について自身の見解をブログ上で発表し、書き込み欄の復活と共に事態は一応の終息をみせてはいる。

エフエム茶笛のDJ兼ディレクターを務めていた、やかんより約10センチ背の高い8歳年下の女性と婚約、2014年4月に結婚予定であることを発表したなべやかん、8歳年下の元DJと結婚!4・19披露宴へ サンケイスポーツ 2014年2月18日閲覧。

2015年には特撮テレビドラマ「武蔵忍法伝 忍者烈風」を監督。撮影、出演も務めている。

2015年に赤坂に、父親であるおさみと共に監修を務める「おなべと地酒、鍋ごころ」という鍋料理専門店をオープン。赤坂になべやかんさん親子監修の鍋専門店「おなべと地酒、鍋ごころ」赤坂経済新聞 2016年2月1日配信

2017-2018年にはテレビドラマ「妖ばなし」に監督・脚本・撮影・出演として参加。このドラマの第16話では、自らの監督・脚本回に、父おさみも出演している。

2018年3月31日付で師匠のビートたけしがオフィス北野を退社するのに合わせ、同日付で退社。

2018年4月24日、「ベストボディ・ジャパンプロレス」の設立記者会見にて、「本格的にプロレスデビューする」ことを表明なべやかん、プロレスと“二足のわらじ”で再出発 オフィス北野退社で心機一転 オリコンニュース (2018年4月24日)2018年4月25日閲覧。

パワーリフティング

パワーリフティングに傾倒し、世界選手権に日本代表として出場。1998年にアジアベンチプレス大会での優勝や1998年および1999年の世界パワーリフティング選手権のベンチプレス種目での準優勝など、国際大会で活躍。また全日本パワーリフティング選手権でも1998年,1999年,2000年が準優勝、2001年,2002年には優勝と、安定した成績を収めた。「たまたま僕の階級は競技人口が少なく、大会で参加者5人中1番になっただけだ」等、本人がしばしばトークのネタにしている。

主な記録・成績

1997年

  • 関東ベンチプレス大会(茨城) 優勝

1998年

  • Los Angeles Open(アメリカ)ベンチプレス部門 優勝
  • オールジャパンパワーリフティング(神奈川) 2位
  • 第10回全日本ベンチプレス選手権大会(島根) 2位
  • アジアベンチプレス大会(台湾) 優勝
  • 第27回全日本パワーリフティング選手権大会(秋田) 2位
  • 世界パワーリフティング選手権大会(ウクライナ) 総合7位・ベンチプレス部門2位

1999年

  • 第11回全日本ベンチプレス選手権大会(愛知) 2位
  • 第28回全日本パワーリフティング選手権大会(神奈川) 2位
  • 世界パワーリフティング選手権大会(イタリア) 総合6位・ベンチプレス部門2位

2000年

  • 第29回全日本パワーリフティング選手権大会(神奈川) 2位

2001年

  • 第30回全日本パワーリフティング選手権大会(神奈川) 優勝
  • 第6回ワールドゲームズ“パワーリフティング・軽量級”(秋田) 5位
  • 世界パワーリフティング選手権大会(フィンランド) 総合6位・ベンチプレス部門2位

2002年

  • 第31回全日本パワーリフティング選手権大会(神奈川) 優勝
  • 世界パワーリフティング選手権大会(スロバキア) 総合5位・ベンチプレス部門3位・デッドリフト部門3位

2004年

  • 第33回全日本パワーリフティング選手権大会・56kg級(神奈川) 優勝

※2001年ワールドゲームズは軽量級、2004年は56kg級、それ以外はすべて52kg級

コレクター

芸能界でも指折りのキャラクターグッズコレクターであり、スター・ウォーズやゴジラをはじめとする特撮映画で用いたコスチュームなど、マニア垂涎のグッズを集めている。そのグッズの一部を「開運!なんでも鑑定団」に出品し、高評価を得た。

エピソード

  • 父・なべおさみは、各界に広い人脈を持っているらしく、替え玉事件の数日後に引退した千代の富士の断髪式に、やかんは参加した。また父を普段は「お父様」と呼んでいる(しあわせ家族計画に出場していた時にやかんは「お父様」とひたすら呼んだ)。
  • クレープマニアでもあり、おいしくないクレープは「クレープに腰がない」と表現する。
  • 1994年から現在まで、自身も含めてマニアックな特殊芸人たちが多数出演するお笑いライブ「嗚呼 お笑い 東洋・太平洋秘宝館タイトルマッチ」を主催している。
  • 2008年から、上記ライブに出演しているWAHAHA本舗所属の芸人元氣安の異常な面白さについて、松沢呉一とともに気づき、彼が行うイベント「おいおい教」にプロデューサー的にかかわっている。

担当番組

  • 『キュピア〜HOLIDAY TV〜』(TOKYO MX) 『なべやかんのオタクザワールド』メイン司会。
3分間、コレクションをひたすら紹介していくコーナー。なぜかオフィシャルサイトでもブログでも一切その存在について触れられない。(土曜日27:30〜)
  • 『深夜妄想族』(福島放送、2008年6月28日〜2014年3月21日 毎月第3金曜日25:25〜)
福島県のローカルバラエティ番組。メイン司会。
  • 『吉田照美のやる気MANMAN!』(文化放送)「ようかんマンが行く」(14:00〜)の水曜日担当(担当期間は1995年4月5日〜2007年3月28日)。
『お助けマン』として出演する場合、ほとんどが体を張ったネタをやらされる。
  • 『でる得スタジオ』(文化放送、2007年1月7日〜 日曜21:00-21:30、2007年4月2日〜12月31日 月曜日19:30-20:00)
やるマンを出ての初めてのメインパーソナリティ番組。
  • 『ラジオ秘宝館』(エフエム茶笛、金曜日16:00〜)
  • 『なべやかんのJスマイルライフ』(エフエム茶笛、日曜日16:00〜)
  • 『なべやかんのエンタメタイムボカン!』インターネットラジオ Klap 出演中。
フィギュアコレクションをネタに、マニアックなトークを展開。

出演

映画

  • ゴジラ(1984年)新幹線の乗客 役
  • 兜王ビートル(2005年)ナベヤ・カーン役
  • ヅラ刑事(2006年)チビ刑事 役
  • ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発(2008年)防衛隊員5 役
  • attitude(2008年)
  • 猫ラーメン大将(2008年)特番司会者 役
  • GOEMON(2009年)山賊 役
  • Oh!透明人間(2010年)
  • デスカッパ(2010年)(7役)
  • 地球防衛未亡人(2014年)矢住大臣 役
  • 大怪獣モノ(2016年)

テレビ

  • 生きものばんざい(毎日放送)
  • 北野ファンクラブ(フジテレビ)
  • オールスター感謝祭(TBSテレビ)
  • ウラまるカフェ(TBSテレビ)
  • 人類滅亡と13のコント集(日本テレビ)
  • ゲーマーズ甲子園(MONDO21)
  • 〜裏ネタワイド〜 DEEPナイト (テレビ東京)
  • 朝までたけし軍団(テレビ朝日)
  • セレクションX(テレビ朝日)
  • しくじり先生 俺みたいになるな!!(2015年8月17日、テレビ朝日)
  • KinKi Kidsのブンブブーン(フジテレビ)

テレビドラマ

  • 火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
    • 「刑事・鬼貫八郎7・憎悪の化石」(1997年)- 西川に付くジムのスタッフ 役
    • 「弁護士・朝日岳之助11・笑わせても殺さない」(1998年)- 奥村昭太 役
    • 「追跡5」(1999年)
  • 月曜ミステリー劇場「早乙女千春の添乗報告書13・淡路湯けむりツアー殺人事件」(2003年、TBS)- 岩波秀男 役
  • 夜桜お染 第2話「金の仏像」(2003年、フジテレビ)
  • 漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん(2008年、BS-i) - メイド喫茶の客 役
  • 玉川区役所 OF THE DEAD 第4話(2014年、テレビ東京)- 客引き 役
  • 武蔵忍法伝 忍者烈風(2015年、TOKYO MX) - 監督、撮影、出演(谷風利九 役)
  • 妖ばなし(2017年、TOKYO MX) - 監督、撮影、出演(第7話 なべやかん 役、第16話 通行人 役)
  • 静おばあちゃんにおまかせ(2018年、テレビ朝日) ‐ 鶴見浩久 役

ビデオ

  • 実写版まいっちんぐマチコ先生 Let's 臨海学校(2003年)- 福島先生 役
  • まぼろしパンティVSへんちんポコイダー(2004年、TMC)- へんちんポコイダー役

DVD

  • ゴジラ FINAL WARS 特典映像(協力、2005年)
  • 世界最強虫王決定戦シリーズ(実況解説担当、2008年)
  • 嗚呼、涙のハードコアお笑い劇場(出演、2008年)

著書

  • 鉄腕なべやかんのお笑い筋肉の達人―“替え玉”から“世界チャンピオン”を狙うまで(青春出版社 2002年)
  • なべやかんの怪獣コレクター生態学 コレクターという病 (彩流社 2012年)

その他

  • コレクターを対象とした雑誌『月刊キュリオマガジン』(彩流社発行 フジインターナショナルミント編集)に、自身が収集するソフビ人形や映画プロップを紹介する内容の「怪獣考古学講座」を連載中。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/05/09 01:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • なべやかん
  • なべやかんの作品
  • なべやかんの受賞歴
  • なべやかんの写真・画像
  • なべやかんの動画
  • なべやかんの関連記事
  • なべやかんのDVD
  • なべやかんのWikipedia
  • なべやかんの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi