天王寺大 : ウィキペディア(Wikipedia)

天王寺 大(てんのうじ だい、男性、1955年「ミナミの帝王 闇の経済学」 日本文芸社公式サイト内。日本文芸社による著者紹介。 - )は、日本の漫画原作者。大阪府出身。

代表作は1992年連載開始の「ミナミの帝王」(画:郷力也)、「白竜」(画:渡辺みちお)など。「ミナミの帝王」は、竹内力主演で映画化されており、現在も『週刊漫画ゴラク』にて連載中。「白竜」も白竜主演で実写化されている。漫画家・郷力也の実弟である。

別名義に、川辺優があるいしかわじゅん『漫画ノート』バジリコ、2008年、p.189。。

主な作品

天王寺大名義

  • ミナミの帝王(作画:郷力也
  • 男・天を突く(作画:郷力也)
  • 暴力商売(作画:原恵一郎)
  • 白竜(作画:渡辺みちお
  • 白竜LEGEND(作画:渡辺みちお)
  • 白竜HADOU(作画:渡辺みちお)
  • 撃覇(作画:渡辺みちお)
  • 不動(作画:渡辺みちお)
  • ゼウス -神々の王-(作画:秋重学)

川辺優名義

  • 雀狂刑事(作画:多賀一好)
  • 快楽ジゴロ(作画:堀井弘)
  • 修羅がゆく(作画:山口正人)
  • 爆風三国志 我王の乱(作画:山口正人)
  • いとしの恋次郎(作画:郷力也)
  • 通天の角(作画:郷力也)

出典

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/08 15:42 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「天王寺大」の人物情報へ