テア・フォン・ハルボウ : ウィキペディア(Wikipedia)

テア・フォン・ハルボウ(Thea von Harbou, 1888年12月27日 - 1954年7月1日)は、ドイツの女性作家。夫のフリッツ・ラングにシナリオを提供した。

生涯

1888年、バイエルン王国タウパーリッツ・バイ・ホーフ(現在はバイエルン州デーラウに編入)の営林署長の娘として生まれ、文才を生かしベルリンで作家になる。1914年に俳優ルドルフ・クライン=ロッゲと結婚するが、後に離婚する。

1920年にユダヤ系の母を持つ映画監督フリッツ・ラング(ただし、本人はカトリック)と結婚して優雅な生活を送った。夫の多くの映画製作を助けるが、ドイツ国内の政情の変化で国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を支持するようになったために、1932年に夫と離婚し仕事だけの付き合いになった。1934年にラングがアメリカへ亡命した後もドイツに残り、ナチス好みの小説を出版しつづけた。戦後は短い抑留期間を経た後に映画界に復帰したが、ドイツが東西に分裂後の1954年、ベルリンでの上映会から帰宅中に転倒により負傷し、その後症状が悪化し死亡した。

主な作品

映画

  • 死滅の谷(1921年)
  • ドクトル・マブゼ(1922年)
  • (1922年)
  • (1922年)
  • (1923年)
  • (1924年)
  • (1924年)
  • メトロポリス(1927年)
  • (1928年)
  • 月世界の女(1929年)
  • M (1931年)
  • 怪人マブゼ博士(1933年)
  • (1934年)
  • (1935年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/05 16:09 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「テア・フォン・ハルボウ」の人物情報へ