ダリル・F・ザナック : ウィキペディア(Wikipedia)

ダリル・フランシス・ザナックDarryl Francis Zanuck, 1902年9月5日 - 1979年12月22日)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサー・脚本家。息子のリチャード・D・ザナックもプロデューサーとなった。

略歴

ネブラスカ州で生まれ、ロサンゼルスで育つ。14歳の時に年齢を偽ってアメリカ陸軍に入隊し、州兵としてフランスで従軍。帰国後、様々な仕事に就きながら作家となるべく売り込みを続け、1922年に初めての脚本を売ることが出来た。その後マック・セネットの元で働き、さらに1924年から1929年までワーナー・ブラザースで多くの脚本を執筆した。1929年以降はマネジメントに移行し、1933年にワーナーを去ってウィリアム・ゴーツらと共に映画制作会社20世紀ピクチャーズ(Twentieth Century Pictures)を設立。20世紀ピクチャーズは1935年にフォックス映画を買収し20世紀フォックスとなり、ザナックは副代表として数多くの作品に携わった。

制作した『わが谷は緑なりき』『紳士協定』『イヴの総て』の3本がアカデミー作品賞を受賞。ザナック自身も、1937年にアービング・G・タルバーグ賞の第1回受賞者となった後、1944年と1950年にも同賞を受賞した。

1950年代には一線から退き、ヨーロッパのインデペンデント映画などに関わるようになったが、後に復帰して『史上最大の作戦』などを手がけた。

手がけた作品

  • バワリイ The Bowery (1933)
  • ムーラン・ルージュ Moulin Rouge (1934)
  • シュヴァリエの巴里ッ子 Folies Bergère de Paris (1935)
  • 噫無情 Les Misérables (1935)
  • 膝にバンジョー Banjo on My Knee (1936)
  • 天晴れテンプル Little Miss Broadway (1938)
  • テンプルちゃんの小公女 The Little Princess (1939)
  • モホークの太鼓 Drums Along the Mohawk (1939)
  • 怒りの葡萄 The Grapes of Wrath (1940)
  • 大紐育 Little Old New York (1940)
  • 地獄への逆襲 The Return of Frank James (1940)
  • 血と砂 Blood and Sand (1941)
  • タバコ・ロード Tobacco Road (1941)
  • わが谷は緑なりき How Green Was My Valley (1941)
  • チャイナガール China Girl (1942) ※メルヴィル・クロスマン名義で原案
  • ウィルソン Wilson (1944)
  • パープル・ハート The Purple Heart (1944)
  • 呪われた城 Dragonwyck (1946)
  • 剃刀の刃 The Razor's Edge (1946)
  • 紳士協定 Gentleman's Agreement (1947)
  • 頭上の敵機 Twelve O'Clock High (1949)
  • イヴの総て All About Eve (1950)
  • 革命児サパタ Viva Zapata! (1952)
  • キリマンジャロの雪 The Snows of Kilimanjaro (1952)
  • エジプト人 The Egyptian (1954)
  • 灰色の服を着た男 The Man in the Gray Flannel Suit (1956)
  • 陽はまた昇る The Sun Also Rises (1957)
  • 史上最大の作戦 The Longest Day (1962)
  • トラ・トラ・トラ! Tora! Tora! Tora! (1970)

受賞歴

ゴールデングローブ賞

受賞
1954年 セシル・B・デミル賞

関連文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/10/26 12:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ダリル・F・ザナック」の人物情報へ