武田一義 : ウィキペディア(Wikipedia)

武田 一義(たけだ かずよし、1975年 - )は、日本の漫画家。北海道出身病と生きる 「タマ」摘出の漫画家・武田一義さん(38) 産経ニュース 2013年10月31日付。

来歴

1975年、北海道岩見沢市生まれ。おもちゃ屋やリサイクルショップで働いた後の2003年、漫画家を目指して上京、奥浩哉のアシスタントとして働く。2010年6月、精巣腫瘍で入院し片方の睾丸を摘出、その顛末を描いた闘病記『さよならタマちゃん』を2012年より『イブニング』(講談社)で連載し話題となる。2016年から2021年にかけて『ヤングアニマル』(白泉社)にて『ペリリュー 楽園のゲルニカ』を連載。同作は第46回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞したほか、メディアミックスとしてアニメ化が行われる。

連載

  • さよならタマちゃん(『イブニング』講談社、2012年15号 - 2013年15号、全1巻)
  • おやこっこ(『イブニング』講談社、2014年10号 - 2015年5号、全2巻)
  • ペリリュー 楽園のゲルニカ(『ヤングアニマル』白泉社、2016年4号 - 2021年8号、全11巻、全87話)

師匠

  • 奥浩哉 - 約4年ほどアシスタントを務めていた。奥との関わりについては2014年の『イブニング』で、奥が『いぬやしき』を連載開始した際に武田が寄稿した読み切りエッセイマンガ「奥先生との出会い」で描かれている武田一義「奥先生との出会い」 講談社「モアイ」。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/07/30 03:11 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「武田一義」の人物情報へ