セルゲイ・ユトケービッチ : ウィキペディア(Wikipedia)

セルゲイ・ユトケーヴィッチ(, 1904年9月15日 - 1985年4月24日)は、ソビエト連邦の映画監督、脚本家である"Sergei Yutkevich", IMDb. 2020年8月25日閲覧。。

生涯

ロシア帝国時代のサンクトペテルブルクで生まれる。10代の頃に人形劇の仕事を始めた。1921年から23年のあいだはフセヴォロド・メイエルホリドの下で働いた。1920年代に映画界に入り、1928年に監督活動を始めた。作品の多くはロシア映画であり、アメリカ合衆国のスラップスティック作品に影響を受けていた。一方で、シリアスな歴史映画、ドキュドラマ、伝記映画も撮っていたAllmovie

『』(1955年)と『』(1966年)で2度カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。他に『Lenin in Paris』で知られる。1959年の、その2年後ので審査員の1人を務めた。1967年ので審査員長を務めた。

1985年4月24日にソビエト連邦のモスクワで亡くなる。

主なフィルモグラフィ

  • 呼応計画 Встречный (1932) 監督・脚本
  • 三つの邂逅 Три встречи (1948) 監督
  • オセロ Отелло (1955) 監督・脚本
  • ウラジミール・レーニンの想い出 Ленин в Польше (1966) 監督・脚本

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/30 17:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「セルゲイ・ユトケービッチ」の人物情報へ