スティーブン・ノリントン : ウィキペディア(Wikipedia)

スティーヴン・ノリントンStephen Norrington、1964年 - )は、イギリス・ロンドン出身の映画監督。

来歴

ノリントンの映画業界での初仕事は特殊効果として『エイリアン』に参加したことであり、続いて『』に特殊効果として参加した。1994年に『デス・マシーン』で初監督を務め、1998年の『ブレイド』のヒットにより知名度を上げた。しかし、ノリントンは世界的ヒットを上げたにも関わらず、続編の監督を降板し『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』の監督を務めたが、主演のショーン・コネリーと揉めたため、以降は監督を務めることはなくなった。

『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』公開後は『ゴーストライダー』の製作に参加していたが、コロンビア ピクチャーズに買収された際に降板した。また、『フレディVSジェイソン』の監督に起用されるが、ロニー・ユーと交代させられ、『インクレディブル・ハルク』の監督にも起用されていたが、最終的にルイ・レテリエと交代した。

2008年には『ザ・クロウ』の映画化を企画する。2010年には、レジェンダリー・ピクチャーズ配給のアクション・スリラー映画『The Lost Patrol』の監督・脚本を務めることが発表された。

主な作品

  • デス・マシーン Death Machine (1995) - 監督・脚本
  • ブレイド Blade (1998) - 監督
  • クレイジー・ワールド The Last Minute (2001) - 製作・監督・脚本
  • リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い The League of Extraordinary Gentlemen (2003) - 監督

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/09/08 12:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「スティーブン・ノリントン」の人物情報へ