スティーブ・カーン : ウィキペディア(Wikipedia)

スティーブ・カーンSteve Keirn、本名:Stephen Paul Keirn、1951年9月10日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。フロリダ州タンパ出身。

1980年代のスタン・レーンとのタッグチーム「ファビュラス・ワンズThe Fabulous Ones)」、1990年代のWWFでの「スキナーSkinner)」などの活動で知られる。2000年代後半から2010年代前半にかけては、FCWおよびNXTの運営に携わっていた。

来歴

エディ・グラハムが主宰していた地元フロリダのCWF(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)にて1972年にデビュー。同年代のディック・スレーターやマイク・グラハムと競い合い、1975年4月には全日本プロレスに初来日、チャンピオン・カーニバルの第3回大会に出場した(予選トーナメント1回戦でザ・デストロイヤーに敗退)。以降もCWFを主戦場に、正統派レスリングを身上とするベビーフェイスとして活動。ボブ・バックランドともタッグを組み、1976年6月29日にボブ・ループ&ボブ・オートン・ジュニアからNWAフロリダ・タッグ王座を奪取。1978年10月2日にはキラー・カール・コックスを破りフロリダ版のブラスナックル王座を、翌週の10月10日にはザ・スポイラーを下してNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得した。

1979年12月10日、前王者ネルソン・ロイヤルの引退で空位となっていた NWA世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメントにて、決勝でチャボ・ゲレロを破ったとして新王者となる。翌1980年1月、新日本プロレスに来日。2月1日に札幌でWWFジュニアヘビー級王者の藤波辰巳とダブル・タイトルマッチを行うが敗退、王座から陥落した(以後、同王座は「NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座」として日本に定着)。

同年7月20日、ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングにて、NWA世界ジュニアヘビー級王座の「正式王者」レス・ソントンに挑戦。その後もジョージアでは、8月11日にバロン・フォン・ラシクからNWAジョージア・ヘビー級王座を奪取し、10月にはテリー・ファンク、翌1981年3月にはケビン・サリバンを破りナショナルTV王座を2回獲得した。主戦場のフロリダではドリー・ファンク・ジュニアやドン・ムラコと抗争を展開し、1981年5月29日にはオーランドにてハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。同年下期からはテネシー州メンフィスのCWAに進出、ロン・バスやバグジー・マグローら巨漢ヒールを相手にミッドアメリカ・ヘビー級王座を争った。

1982年、フロリダでのライバルでもあったスタン・レーンを相棒に、ファビュラス・ワンズThe Fabulous Ones)をCWAにて結成する。それまでの地味なイメージを払拭し、コスチュームも派手なものに一新。1980年代のアイドル系タッグチームの先駆的存在となり、後のロックンロール・エクスプレスやファンタスティックスなどにも影響を与えた。CWAでは1982年から1985年にかけてAWA南部タッグ王座を通算14回獲得、1984年にはバーン・ガニアが牛耳るAWA本隊にも出場し、ニック・ボックウィンクル&マサ斎藤やロード・ウォリアーズとも抗争を展開している。

1987年のファビュラス・ワンズ解散後はフロリダ地区に戻り、CWFの後継団体FCW(フロリダ・チャンピオンシップ・レスリング)およびPWF(プロフェッショナル・レスリング・フェデレーション)にて1990年まで活動。1991年にはCWAの後継団体であるテネシーのUSWAでファビュラス・ワンズを一時的に再結成した。また、この時期よりプロレスリング・トレーナーとしての活動も開始しており、デニス・ナイト、マイク・オーサム、ジム・スティール、ジェフ・ファーマーなどがカーンの指導のもとデビューしている。

1991年7月、エバーグレーズのワニ密猟者をイメージしたヒール、スキナーSkinner)に変身してWWFに登場。ボロボロのネルシャツをリング・コスチュームに、噛みタバコで口中を真っ黒に染め、狩猟ナイフやワニの爪を凶器に用いるなど、大胆なキャラクターチェンジを図った。ジョバーのポジションながら、ベテランの中堅ヒールとしてWWFには1993年下期まで在籍し、1991年12月3日にはPPV "This Tuesday in Texas" にてブレット・ハートのインターコンチネンタル・ヘビー級王座にも挑戦。1993年4月4日のレッスルマニアIXでは2人目のドインク・ザ・クラウンDoink the Clown)に扮した。

1994年3月よりWCWに参戦。盟友スタン・レーンのパートナーでもあった元ミッドナイト・エクスプレスのボビー・イートンと組み、新チームのバッド・アティテュードBad Attitude)を結成するも活躍の機会には恵まれず、PPVのダーク・マッチなどに出場していた。セミリタイア後の1990年代中盤からは、タンパ周辺のインディー団体に単発的に出場。2001年10月には久々に新日本プロレスに来日、かつてのライバル藤波とのタッグも実現させた。

2004年よりスマックダウンのロード・エージェントとしてWWEと契約し、翌2005年5月にフロリダ州デイトナビーチにプロレスラー養成所 "School of Hard Knocks" を開校(後にフロリダ州ブランドンに移転)。2007年には、かつて主戦場としていたフロリダ地区の団体と同じ名称の新団体 "FCW" をWWEのファーム組織として旗揚げ。以降は団体運営と後進の指導・育成に携わり、2012年8月より新人発掘番組NXTとの統合で団体名がNXTレスリングを経て "WWE NXT" と改称されてからも、2013年6月まで要職を務めていた。

得意技

  • ゲーターブレーカーGatorbreaker) ※スキナー時代に使用
  • フォアアーム・スマッシュ
  • ジャーマン・スープレックス

獲得タイトル

ナショナル・レスリング・アライアンス
  • NWA世界ジュニアヘビー級王座(NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座):1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:5回
  • NWAフロリダ・タッグ王座:14回(w / マイク・グラハム×11、ジム・ガービン、ボブ・バックランド、ブライアン・ブレアー)
  • NWAフロリダTV王座:1回
  • NWAフロリダ・ブラスナックル王座:1回
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):1回
  • NWA北米タッグ王座(フロリダ版):1回(w / マイク・グラハム)
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):7回(w / マイク・グラハム×5、スタン・レーン×2)
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ミスター・レスリング)
  • NWAナショナルTV王座:2回
NWAガルフ・コースト
  • NWA USタッグ王座(ガルフ・コースト版):1回(w / リッキー・ギブソン)
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:2回
  • AWA南部タッグ王座:17回(w / スタン・レーン×14、ビル・ダンディー×2、テリー・テイラー)
  • CWAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / マーク・スター)
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
  • USWA世界タッグ王座:1回(w / スタン・レーン)
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / スタン・レーン)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/10/20 06:36 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「スティーブ・カーン」の人物情報へ