鈴木正文 : ウィキペディア(Wikipedia)

鈴木 正文(すずき まさふみ、1929年3月11日 - 1991年9月18日『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.329)は、日本の空手家(十段)。日本正武館館長、全日本硬式空手道連盟会長。

経歴

福島県郡山市に生まれ、青年期に柔道、合気道、剣道、居合道や古武道等の多数の武術を学んだ。中央大学に通い、検事になり辞めてからは弁護士資格を保有した。

宮里栄一のもとで剛柔流空手を修行し1955年に京都商工会議所への届出による。、京都で日本正武館を設立した商標登録無効審判事件の審決によれば1968年に設立とある。。

千葉真一主演映画『激突! 殺人拳』(1974年) への出演を皮切りに、空手家や合気道の達人などで、複数の東映製作映画に出演していた。

鈴木は長く日本プロレスコミッションのコミッショナーを務め、アントニオ猪木のウィレム・ルスカ戦や、ザ・モンスターマン戦のレフェリーを務める。その他アントニオ猪木の引退時に佐川急便の佐川清を紹介した。

1981年に発足した日本硬式空手道協会(全日本硬式空手道連盟)の設立に久高正之らとともに尽力し、会長を務めた。1991年9月、高血圧性脳出血のため台北の病院で死去。

出演映画

  • シーマンNo.7 波止場のドラゴン(1973年)※香港映画 日本劇場未公開
  • 殺人拳シリーズ (1974年) - 政岡憲道
    • 激突! 殺人拳
    • 殺人拳2
    • 逆襲! 殺人拳
  • ザ・カラテシリーズ (1974年)
    • ザ・カラテ (1974年)
    • ザ・カラテ2 (1974年)
    • ザ・カラテ3 電光石火 (1975年)
  • 武道ドキュメント 拳豪の祭典企画も担当している。 (1974年)
  • 激突! 合気道 (1975年)
  • 女必殺五段拳 (1976年)

著作

  • 『日本の伝統武道』 すずらん書房、1978年11月

関連項目

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/11/10 09:34 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「鈴木正文」の人物情報へ