ジョン・リー・ハンコック : ウィキペディア(Wikipedia)

ジョン・リー・ハンコックJohn Lee Hancock、1957年 - )はアメリカ合衆国の映画監督・脚本家。テキサス州ロングビュー出身。

経歴

ベイラー大学卒。1991年に『Hard Time Romance』で監督デビュー。1993年、オリジナル脚本がクリント・イーストウッド監督により『パーフェクト・ワールド』として映画化され注目を集める。以後『真夜中のサバナ』『オールド・ルーキー』『アラモ』『しあわせの隠れ場所』など、実話を元にした映画を手がけている。最新作『ザ・テキサス・レンジャーズ』はNetflixオリジナル作品として配信された。次回作はデンゼル・ワシントン主演のスリラー『The Little Things』になる。

フィルモグラフィ

  • Hard Time Romance (1991) - 監督・脚本
  • パーフェクト・ワールド A Perfect World (1993) - 脚本
  • 真夜中のサバナ Midnight in the Garden of Good and Evil (1997) - 脚本
  • マイ・ドッグ・スキップ My Dog Skip (2000) - 製作
  • オールド・ルーキー The Rookie (2002) - 監督
  • アラモ The Alamo (2004) - 監督・脚本
  • しあわせの隠れ場所 The Blind Side (2009) - 監督・脚本
  • ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks (2013) - 監督
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder (2016) - 監督
  • ザ・テキサス・レンジャーズ The Highwaymen (2019) - 監督

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/11/14 13:20 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジョン・リー・ハンコック」の人物情報へ