ジュスト・ジャカン : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > ジュスト・ジャカン > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

ジュスト・ジャカンのウィキペディア

ジュスト・ジャカン(Just Jaeckin、1940年8月8日 - )は、フランスの映画監督、写真家。

略歴

父はオランダ人、母はイギリス人。フランスがナチス・ドイツの占領下にある時期、ヴィシーで生まれた。すぐに父母とともにイギリスに渡り、戦後フランスに戻った。帰国後、アートと写真を学び始めたが、本格的に学んだのは軍役の後になってからである。

パリにてファッション写真家として「ELLE」、「ヴォーグ」、「marie claire」といった雑誌で活躍していたが、アート・ディレクター、コマーシャルのフィルムなどを何本か撮ったのち映画界に進出する。1974年『エマニエル夫人』で監督デビューした。以後、エロスを描いた映画を多く監督した。現在もフランスに在住し、妻アンナと暮らしている。映画製作に携わった時代のことをよく覚えているが、今も続けているのは写真と彫刻である。

代表作

  • エマニエル夫人 Emmanuelle (1974年)
  • O嬢の物語 Histoire d'O (1975年)
  • マダムクロード Madame Claude  (1976年)
  • ガールズ Girls (1980年)
  • チャタレイ夫人の恋人 Lady Chatterley's Lover (1981年)
  • ゴールド・パピヨン Gwendoline (1984年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/05/10 06:14 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • ジュスト・ジャカン
  • ジュスト・ジャカンの作品
  • ジュスト・ジャカンの受賞歴
  • ジュスト・ジャカンの写真・画像
  • ジュスト・ジャカンの動画
  • ジュスト・ジャカンの関連記事
  • ジュスト・ジャカンのDVD
  • ジュスト・ジャカンのWikipedia
  • ジュスト・ジャカンの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報