ジャック・ホーキンス : ウィキペディア(Wikipedia)

ジャック・ホーキンス(Jack Hawkins、1910年9月14日 - 1973年7月18日)はイギリスの俳優。

略歴

ロンドン生まれ。4人兄弟の末っ子。ロンドンの演劇学校Italia Conti Academy of Theatre Artsで学び、1923年に舞台デビュー。1929年にはブロードウェイにも初出演した。

1930年に映画デビュー。後年は戦争・歴史映画などで、父親・将軍役などを人間味豊かに演じた。

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
1948 落ちた偶像The Fallen Idol エイムズ刑事
1950 絶壁の彼方にState Secret ガルコン
黒ばらThe Black Rose トリストラム・グリフィン
快傑紅はこべThe Elusive Pimpernel プリンス・オブ・ウェールズ
砂漠の悪魔The Adventurers ピーター・ブラント
1952 英国航空戦Angels One Five タイガー・スモール
マレー・ゲリラ戦The Planter's Wife ジム・フレイザー
1953 怒りの海The Cruel Sea エリクソン
マルタ島攻防戦Malta Story フランク
1954 社会部物語Front Page Story グラント
マオリ族の怒りThe Seekers フィリップ・ウェイン
1955 ピラミッドLand of the Pharaohs クフ
1957 戦場にかける橋The Bridge on the River Kwai ウォーデン少佐
1958 ジョン・フォード/ギデオンGideon's Day ジョージ・ギデオン
1959 ベン・ハーBen-Hur クインタス・アリウス
1960 紳士同盟The League of Gentlemen ジョン・ジョージ・ノーマン・ハイド
1962 アラビアのロレンスLawrence of Arabia アレンビー将軍
1963 ランページRampage オットー・アボット
1964 ズール戦争Zulu オットー・ウィット
バタシの鬼軍曹Guns at Batasi ディール
1965 ロード・ジムLord Jim マーロウ
潜行Masquerade ドレクセル
1966 栄光の丘 Judith ロートン
悪のシンフォニーPoppies Are Also Flowers
1968 シャラコShalako チャールズ・ダゲット卿
キャサリン大帝Great Catherine 英国大使
1969 素晴らしき戦争Oh! What a Lovely War フランツ・ヨーゼフ1世
勇将ジェラールの冒険The Adventures of Gerard Millefleurs
1970 おませなツインキーTwinky ミリントン=ドレイパー
ワーテルローWaterloo トーマス・ピクトン
ジェーン・エアJane Eyre ブロックルハースト テレビ映画
1971 八点鐘が鳴るときWhen Eight Bells Toll アンソニー・スクーラス
ニコライとアレクサンドラNicholas and Alexandra フレデリクス
スコットランドは死なず/戦場をかけぬけた男たちKidnapped Captain Hoseason
1972 戦争と冒険Young Winston
亡命者Escape to the Sun バブリン
1973 シェークスピア連続殺人血と復讐の舞台Theatre of Blood ソロモン・プラステリー

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/20 04:44 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジャック・ホーキンス」の人物情報へ