ジャック・スマイト : ウィキペディア(Wikipedia)

ジャック・スマイト(Jack Smight, 1925年3月9日 - 2003年9月1日 )は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス出身の映画監督。

テレビ映画シリーズの『トワイライトゾーン』や『ルート66』の監督を務めた後、1966年のポール・ニューマン主演の『動く標的』で注目された。他に『エアポート'75』(1974年)がある。

『刑事コロンボ』や『警部マクロード』といった人気シリーズの演出も手がけた。

2003年に癌で死去。

主な監督作品

  • 動く標的 Harper (1966年)
  • 脱走大作戦 The Secret War of Harry Frigg (1968年)
  • 殺しの接吻 No Way to Treat a Lady (1968年)
  • いれずみの男 The Illustrated Man (1969年)
  • エアポート'75 Airport 1975 (1974年)
  • ミッドウェイ Midway (1976年)
  • 世界が燃えつきる日 Damnation Alley (1977年)
  • 弾丸刑事ニック&フランク Number One with a Bullet (1987年)

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/13 03:20 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジャック・スマイト」の人物情報へ