サンドリーヌ・ボネール : ウィキペディア(Wikipedia)

サンドリーヌ・ボネールSandrine Bonnaire、1967年5月31日 - )はフランスの女優、映画監督。日本語表記に頻出する「ボヌール」はまったくの誤り。

来歴・人物

1967年5月31日、フランス・アリエ県ガナで11人兄弟の7番目に生まれる。

女優として14歳のときモーリス・ピアラ監督の『愛の記念に』で主役デビュー(この作品は同年のセザール賞最優秀作品賞を受賞)。

17歳のとき、『冬の旅』(アニエス・ヴァルダ監督)でセザール賞最優秀女優賞を史上最年少受賞。同賞には計6度ノミネートされている。

1995年の『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』でヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞。

プライベートでは1992年の『プレイグ』で共演したウィリアム・ハートとの間に娘が一人いる。また、2003年には脚本家のギョーム・ローランと結婚、彼との間にも娘が一人いる。

2007年5月27日、第60回カンヌ国際映画祭で、自閉症の妹サビーヌを主題としたドキュメンタリー作品の監督作『Elle s'appelle Sabine(邦題:彼女の名はサビーヌ)』が批評家/監督週間部門 国際批評家連盟賞を受賞。

フィルモグラフィー

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
1983 愛の記念に A nos amours スザンヌ セザール賞 新人女優賞 受賞
1984 蒼い暴走Tir à vue マリリン
1985 ふたりの女/ブランシュとマリーBlanche et Marie マリー
ソフィー・マルソーの 刑事物語Police Lydie
冬の旅 Sans toit ni loi モナ セザール賞 主演女優賞 受賞
1986 ピューリタンの女La puritaine マノン
1987 悪魔の陽の下に Sous le soleil de Satan ムシェット
1988 僕と一緒に幾日かQuelques jours avec moi フランシーヌ
1989 仕立て屋の恋 Monsieur Hire アリス
1990 黄昏に瞳やさしくVerso sera ステラ
1991 プラハPrague エレーナ
1992 プレイグ La peste Martine Rambert
1994 ジャンヌ/愛と自由の天使 Jeanne la Pucelle I - Les batailles ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ/薔薇の十字架 Jeanne la Pucelle II - Les prisons ジャンヌ・ダルク
1995 百一夜 Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇 La Cérémonie ソフィー ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
1999 嘘の心Au coeur du mensonge ヴィヴィアン
イースト/ウェスト 遙かなる祖国 Est - Ouest マリー
2001 マドモアゼル Mademoiselle クレール・キャンスリエ
2002 ファム・ファタール Femme Fatale カンヌ国際映画祭のゲスト
2003 戦場のレジスタンス Resistance Lucette Oomlop
2004 親密すぎるうちあけ話 Confidences trop intimes アンナ
灯台守の恋 L'Équipier マベ
2015 92歳のパリジェンヌLa Dernière Leçon ディアーヌ

監督作品

  • 彼女の名はサビーヌ Elle s'appelle Sabine (2007年)第60回カンヌ国際映画祭批評家/監督週間部門 国際批評家連盟賞

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/01/03 04:41 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「サンドリーヌ・ボネール」の人物情報へ