クルブーシャン・カルバンダー : ウィキペディア(Wikipedia)

クルブーシャン・カルバンダー(Kulbhushan Kharbanda、1944年10月21日 - )は、インドのヒンディー語映画、で活動する俳優。1974年にの『Jadu Ka Shankh』で映画デビューする。代表的な作品としての『Arth』『Ek Chadar Maili Si』、ディーパ・メータの(『炎の二人』『Earth』『とらわれの水』)がある。

キャリア

カルバンダーは大学時代の友人と共に劇団「アビヤーン」を結成し、1964年にジョイ・マイケルが結成したデリーの劇団「ヤートリク」に参加した。彼は劇団所属の俳優として収入を得るようになるが、数年後に「ヤートリク」は解散してしまう。1974年にコルカタに移住し、の劇団に参加した。同劇団で活動した後にムンバイに移住して映画俳優の道に進む。

1975年にの『Nishant』に出演し、立て続けに『Manthan』『Bhumika』『Junoon』『Kalyug』に起用された。1977年にの『Godhuli』に出演してからはパラレル映画の常連俳優になった。1980年にラメーシュ・シッピーの『Shaan』でシャカール役(『007シリーズ』のエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドをモデルにしたキャラクター)を演じたことで知名度を上げ、『Ghayal』『Jo Jeeta Wohi Sikandar』『[[:en:Gupt: The Hidden Truth|Gupt: The Hidden Truth]]』『』『Yes Boss』『Refugee』などの主流映画に出演するようになった。その一方、『Chakra』『Arth』などの芸術映画への出演も続け、1984年にはブッダデーブ・ダースグプタのヒンディー語映画デビュー作『Andhi Gali』に出演した。パンジャーブ語映画にも出演しており、代表作には『Chann Pardesi』『Mahaul Theek Hai』がある。

フィルモグラフィ

  • Jadu Ka Shankh(1974年)
  • Nishant(1975年)
  • Manthan(1976年)
  • Bhumika(1977年)
  • Junoon(1978年)
  • Solva Sawan(1979年)
  • Shaan(1980年)
  • Kalyug(1981年)
  • Chann Pardesi(1981年)
  • Nakhuda(1981年)
  • Kalyug(1981年)
  • Chakra(1981年)
  • Silsila(1981年)
  • Arth(1982年)
  • Aparoopa(1982年)
  • Shakti(1982年)
  • Mandi(1983年)
  • Ganga Meri Maa(1983年)
  • Andhi Gali(1984年)
  • Utsav(1984年)
  • Ghulami(1985年)
  • Ram Teri Ganga Maili(1985年)
  • Trikal(1985年)
  • New Delhi Times(1986年)
  • Ek Chadar Maili Si(1986年)
  • Uttar Dakshin(1987年)
  • Susman(1987年)
  • Waaris(1988年)
  • Main Zinda Hoon(1988年)
  • Veerana(1988年)
  • Yateem(1988年)
  • Ghayal(1990年)
  • Pratibandh(1990年)
  • Henna(1991年)
  • Antarnaad(1991年)
  • Bekhudi(1992年)
  • Jo Jeeta Wohi Sikandar(1992年)
  • Damini(1993年)
  • Ek Hi Raasta(1993年)
  • Shaktiman(1993年)
  • Mahakaal(1994年)
  • Mohra(1994年)
  • Baazi(1995年)
  • Naseem(1995年)
  • Nirbhay(1996年)
  • Loafer(1996年)
  • (1997年)
  • 炎の二人(1998年)
  • Bulandi(2000年)
  • Hera Pheri(2000年)
  • Pukar(2000年)
  • モンスーン・ウェディング(2001年)
  • ラガーン(2001年)
  • Basti(2003年)
  • Pinjar(2003年)
  • I Proud to Be an Indian(2004年)
  • [[:en:Garv: Pride & Honour|Garv: Pride & Honour]](2004年)
  • Agnipankh(2004年)
  • [[:en:Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero|Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero]](2004年)
  • [[:en:Zameer: The Fire Within|Zameer: The Fire Within]](2005年)
  • とらわれの水(2005年)
  • Fight Club – Members Only(2006年)
  • (2006年)
  • Umrao Jaan(2006年)
  • Manorama Six Feet Under(2007年)
  • EMI(2008年)
  • [[:en:Ek: The Power of One|Ek: The Power of One]](2009年)
  • Jodhaa Akbar(2008年)
  • Ru Ba Ru(2008年)
  • Aloo Chaat(2009年)
  • Kurbaan(2009年)
  • Khatta Meetha(2010年)
  • Khushiyaan(2011年)
  • Midnight's Children(2012年)
  • Delhi in a Day(2012年)
  • Saadi Love Story(2013年)
  • [[:en:Kirpaan: The Sword of Honour|Kirpaan: The Sword of Honour]](2014年)
  • Zed Plus(2014年)
  • Haider(2014年)
  • Brothers(2015年)
  • Dictator(2016年)
  • Azhar(2016年)
  • Aatishbazi Ishq(2016年)
  • Soorma(2018年)
  • (2018年)
  • マニカルニカ ジャーンシーの女王(2019年)
  • No Fathers in Kashmir(2019年)
  • Khandaani Shafakhana(2019年)

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/11 12:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「クルブーシャン・カルバンダー」の人物情報へ