トム・プライス : ウィキペディア(Wikipedia)

トム・プライスTom Pryce)本名 : トーマス・モルドウィン・プライスThomas Maldwyn Pryce, 1949年6月11日 - 1977年3月5日)は、イギリス・ウェールズ出身のレーシングドライバー。

プロフィール

ウェールズのデンビーシャー州で生まれ育った。

10歳でパン運送用のバンに乗ったことから車に興味を持つが、実は両親も彼をレーサーにしようとしていた。だが1975年のインタビューでプライスが語ったところによると本当はパイロットになりたかったが、成績上無理だと思いあきらめたという。

子供の時はジム・クラークに憧れていたが、1968年にクラークがホッケンハイムリンクで事故死した際には衝撃を受けた。同様に、1970年にヨッヘン・リントが事故死した際にも衝撃を受けた。

16歳で学校を中退後、母の意向により、もしレーサーになれなかったときの保険としてランドリロ・テクニカル・カレッジ(Llandrillo Technical College)でトラクターのメカニックの研修を受けた。

プライスはメカニックとして働きながらF3やF2に出場。1974年にトークン・フォードに乗りベルギーグランプリでF1デビュー。同年シャドウ・フォードに移籍。

1975年に結婚。同年オーストリアグランプリで3位に入賞し、イギリスグランプリでポールポジションを獲得する。ブランズハッチで行われた非選手権戦の「レース・オブ・チャンピオンズ」では、ポールポジションとファステストラップを奪ったうえ優勝するという活躍を見せた。イギリス期待の若手ドライバーと見る向きも多かった。『』によると、1975年にはロータスへ移籍する話もあったが実現しなかった。

事故死

1977年キャラミサーキットで行なわれた南アフリカグランプリ決勝中、レンツォ・ゾルジがエンジントラブルに見舞われ、ピット正面のコントロールラインをやや過ぎたあたりのコース脇にマシンを止め降車した。その直後にゾルジのマシンから炎が上がったため、消火器を手にしたマーシャル2名がコースを横切り、ゾルジの車に走り寄ってきた。

現場は各マシンが高速で駆け抜けるホームストレートで、しかもキャラミ名物の急勾配を登った先のため見通しが悪く、ホームストレートの頂上付近でゾルジのマシンが停まってしまったため、下から上ってくるマシンの死角となり危険な状態だった。

このときは22周目でハンス=ヨアヒム・スタックを追いかけながら事故現場付近に高速で接近していた。前を走るスタックはコースを横切るマーシャルに気付きとっさに避けることができたが、すぐ後ろを走っていたプライスはなすすべもなくマーシャルのジャンセン・ヴァン・ヴーレンを撥ねてしまい、その際マーシャルが手にしていた消火器がプライスのヘルメットを直撃、ヘルメットは割れ吹き飛ばされて顎紐がプライスの首を切りつける形になり、マシンに乗ったまま即死した。27歳没。

ヴァン・ヴーレンも、時速300km近いスピードでぶつけられた衝撃で縦方向に激しく回転しながら宙を舞い、そのまま地面に叩き付けられるという状態で即死している。事故の一部始終はシネカメラで撮影されており、モータースポーツ史上でも有名な事故映像のひとつになっている。遺体の損傷が激しくなっており、レース後全員を集合させ、欠員を確認してようやく身元が判明したほどだった。

プライスは足がそのままアクセルを踏み続けていたと見られ、マシンは270km/hでホームストレートを暴走、インコースのガードレールに接触したまま第1コーナーに突っ込み、コーナーに向け減速していたジャック・ラフィットのリジェに接触し巻き込むように1コーナーを直進しコースアウトしたが、ラフィットはブレーキをかけてマシンをコントロールし停止させた。

ようやく停止したプライス車に救護班が駆け付けたが、コックピットの中は血液と体液が入り交じった状況であり、プライスは仰向でハンドルを握り、アクセルを踏み込んだ形のまま硬直していた。マーシャルを轢いた事でマシンが操縦不能になったものと思われたが、何もできずに1コーナーを直進したという事が判明した。

事故の原因は不慣れなマーシャルが不用意にコースを横切ったことだと見る意見が多く、不運な事故で死亡したことになる。

ヘルメット

当初、プライスのヘルメットは白一色の極めてシンプルなものだったが、1970年に走行中でも見分けられるようにして欲しいと父から頼まれたことからバイザーの上に5本の黒い線を入れた。その後1975年にヘルメットの横にウェールズの国旗を入れた。さらにグッドイヤーのロゴが書かれていた。

現在

  • 墓はイングランドのケントにある聖バーソロミュー教会にある。亡くなる2年前に結婚式をあげた所でもあった。
  • 妻はトムの死後フルハムで トニー・ブライズの妻とアンティークショップを経営している。
  • ウェールズのアングルシー島のアングルシーサーキットのストレートは彼の功績を称えて「トム・プライス・ストレート」と命名されている。
  • 2007年、彼の没後30周年に当たって故郷のに記念碑が建てられることになった。

F1での年度別成績

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1974年 トーケン RJ02 ARG BRA RSA ESP BELRet MON SWE 18位 1
シャドウ DN3 NEDRet FRARet GBR8 GER6 AUTRet ITA10 CANRet USANC
1975年 ARG12 BRARet 10位 8
DN5 RSA9 ESPRet MONRet BEL6 SWERet NED6 FRARet GBRRet GER4 AUT3 ITA6 USANC
1976年 DN5B BRA3 RSA7 USWRet ESP8 BEL10 MON7 SWE9 FRA8 GBR4 GER8 AUTRet 12位 10
DN8 NED4 ITA8 CAN11 USARet JPNRet
1977年 ARGNC RSARet USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN NC(43位) 0
DN5B BRARet
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/10/17 23:10 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「トム・プライス」の人物情報へ