チェ・ヒソ : ウィキペディア(Wikipedia)

チェ・ヒソ(최희서、1986年12月24日 - )は、韓国の女優。SARAMエンターテインメント所属。ソウル特別市出身。

略歴

小学校2年生から5年間、日本で暮らし大阪市で育つ。中学・高校とアメリカで過ごし、その後、韓国に戻り延世大学校に進学。2008年、カリフォルニア大学バークレー校に進み韓国人初の芸能功労賞を受賞した。

2009年に映画『重量☆ガールズ キングコングを持ち上げろ!』で俳優デビューしてから8年間は無名の時代が続いたが、ある日、電車の中で舞台の台詞を小さな声で読んでいたところ、たまたま向かいに座っていたイ・ジュニク監督に声を掛けられ、日本語が堪能だったことから同監督の映画『』(2016年)で日本人大学生の役に抜擢される。翌年同じくイ・ジュニク監督の映画『金子文子と朴烈』で金子文子役を演じ俳優人生で初めて主役の座を掴む。この演技が高く評価され新人賞を総なめにすると、韓国のアカデミー賞と称される大鐘賞映画祭では新人女優賞と主演女優賞をW受賞する快挙を成し遂げた。

2019年9月、一般男性との結婚を発表し挙式を挙げた。

2021年には日本の映画監督、石井裕也による韓国を舞台にした映画『アジアの天使』でヒロイン役を務める。

出演

映画

  • (2009年)
  • (2012年)
  • (2013年)
  • ヤヌス(2014年)
  • (2015年)
  • (2016年) - 深田久美 役
  • (2016年)
  • (2016年) - ジョンミン 役
  • 金子文子と朴烈(2017年) - 主演・金子文子 役
  • オクジャ/okja(2017年) - 通訳 役
  • (2019年) - 主演・チャヨン 役
  • (2020年) - ソ・ヨンジュ 役
  • アジアの天使(2021年) - チェ・ソル 役

ドラマ

  • (2011年、MBC) - クリスティーナ 役
  • (2013年、MBC) - ムン秘書 役
  • (2016年、tvN) - ムン秘書 役
  • (2013年、MBC)
  • ミストレス(2018年、OCN) - ジョンウォン 役
  • (2018年、tvN) - イム・チョンア 役
  • (2020年、tvN) - ソ・ドンジュ 役

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/07/16 06:29 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「チェ・ヒソ」の人物情報へ