木下富雄 : ウィキペディア(Wikipedia)

木下 富雄(きのした とみお、1951年5月7日 - )は、埼玉県北葛飾郡杉戸町出身の元プロ野球選手(内野手)。ウェルストンプロモーションに所属している。

来歴

春日部高校から駒澤大学へ進学。東都大学野球リーグでは在学中2回優勝。の第4回明治神宮野球大会では、決勝で田尾安志を擁する同志社大を降し優勝を飾る。リーグ通算58試合出場、162打数37安打、打率.228、3本塁打、20打点。ベストナイン(遊撃手)1回受賞。大学同期に栗橋茂、吉田秀雄がいる。1973年のドラフト会議で広島東洋カープに1位指名され入団。強肩の大型内野手として期待される。

1年目の開幕直後から遊撃手として一軍で起用されるが、打撃面で伸び悩み失速、その後数年の低迷を余儀なくされる。しかし徐々に力をつけ、長打力は無いがしぶとい打撃と俊足で内野陣に食い込む。には7月から二番打者、二塁手に定着。規定打席には届かなかったが、打率.283の好成績をあげる。翌には25盗塁を記録。の近鉄バファローズとの日本シリーズでは第6戦、第7戦でいずれも3安打を放ち、優秀選手に選ばれた。には二塁手、遊撃手として87試合に先発、には自己最高の10本塁打を記録。その後もユーティリティプレイヤーとして活躍するが、には正田耕三の台頭もあって出場機会が減少、限りで現役引退。

投手・捕手以外ならどこでも守れる器用さを古葉竹識監督に買われ、二塁、三塁、遊撃を中心に守備固めや代走、時にはスタメン出場するなど、いぶし銀のユーティリティプレイヤーとして広島の黄金時代を支える。結果、センター、ピッチャー、キャッチャー以外の全てのポジションを経験し、5度のリーグ優勝、3度の日本一に貢献。遊撃手の三村敏之、高橋慶彦らと二遊間コンビを組み、打順は繋ぎ役の二番や七番を主に打った。安打は多くなかったが、柔らかいバットコントロールでバント・ヒットエンドランを確実に決めた。何とかボールに当てようと、バットを放り投げることもしばしばあった。また、師匠である大下剛史譲りの隠し球の名手としても知られたが、実際に成功したのは2回だけとの事である(山本功児談、東京スポーツ、2007年8月20日)。

引退後は - 広島一軍守備走塁コーチ、 - 中国放送野球解説者(とはスポーツニッポン野球評論家を兼務)、一軍チーフコーチ(ヘッド格)、山本浩二監督の就任に伴い、 - 二軍監督、からまで再び中国放送の解説者を務めた。

2007年6月に長内孝に続き、広島市中区に長男が店長を務める『野球鳥 きのした』という焼き鳥屋をオープン。その後、「野球鳥」の名称を同じく元プロ野球選手で同業の岡村浩二が商標登録していたため、『カープ鳥 きのした』に改名した広島の“パンチョ”木下富雄 今は「カープ鳥」の名物大将

選手としての特徴・人物

勝負強い打撃と俊足で、広島黄金期の貴重な名脇役として活躍した。守備では内野全てのポジションだけでなく、外野もこなす器用さを持っていた。

山本浩二、三村敏之らと同様に、1991年までの6回のリーグ優勝時全てにユニフォームを着ている数少ない人物である。

現役時代から蓄えている口ひげがトレードマークで、「パンチョ」の愛称で親しまれている。この愛称は衣笠祥雄が当時流行していたトリオ・ロス・パンチョスに似ていると言ったのがきっかけ。髭を伸ばし始めたきっかけは「キャンプの時に髭剃りが無かったから」という。当時の濃いメンバーの中では物腰も柔らかくダンディな人物で、現在ではすっかり白髪、白鬢となった。2016年の広島の25年ぶりのリーグ優勝の際は、経営する焼き鳥屋で祝杯を挙げた広島カープ、25年ぶり7回目のリーグ優勝 - Yahoo!SportsNavi(2016年9月10日)。

かつては、広島のローカル番組・『週刊パパたいむ』にレギュラー出演し人気があった。

詳細情報

年度別打撃成績

広島8917916514273123862330902275.164.216.230.446
2612121100010000000001.083.083.083.167
89403211410052102040291.125.263.156.419
10620118221441114692172721010283.242.278.379.657
99278240326814039127202001404306.283.333.379.713
11224521431537257925256902101286.248.318.369.687
123232201304480464101061701301247.219.270.318.588
1263643164675706100171082002622434.237.299.316.616
117342302428115110128401541522112408.268.318.424.742
11421118826437115517116601730253.229.293.293.585
109227201305410158122721021430189.269.313.403.716
106263218245761786251131403120306.261.353.394.748
102165144133020135941120811175.208.255.243.498
4621152200020113030022.133.278.133.411
通算:14年13642780243032358391848834221106421386191131532166.240.299.343.642

表彰

  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回(1980年)

記録

  • 初出場:1974年4月6日、対中日ドラゴンズ1回戦(中日球場)
  • 1000試合出場:1983年10月23日、対横浜大洋ホエールズ26回戦(横浜スタジアム) ※史上243人目

背番号

  • 25 (1974年 - 1987年)
  • 74 (1988年 - 1993年)
  • 75 (2000年 - 2005年)

関連情報

出演

  • 侍プロ野球(RCCテレビ製作分のみ)
  • RCCカープナイター
  • ひろしま県民テレビ(テレビ新広島)
    • 広島県の広報番組。福岡ソフトバンクホークスのコーチに就任した達川光男の後任として、2017年4月から山内泰幸と交互で浅田真由と出演していた。
  • WEB限定特別番組『ひろしま県民スクール』(広島県ホームページ)
    • 広島県下の高校を浅田真由と訪問。
  • みみよりライブ 5up!(広島ホームテレビ)コーナー「教えて!レジェンド」水曜コメンテーター

関連項目

  • 埼玉県出身の人物一覧
  • 駒澤大学の人物一覧
  • 広島東洋カープの選手一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/07/22 12:06 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「木下富雄」の人物情報へ