渡辺弘基 : ウィキペディア(Wikipedia)

渡辺 弘基渡邊 弘基、わたなべ ひろき、1947年10月26日 - )は阪急ブレーブス・広島東洋カープに所属したプロ野球選手(投手)。福岡県出身。

来歴・人物

日立一高では、1965年にエースとして夏の甲子園東関東予選決勝に進出。銚子商の木樽正明と投げ合うが0-9で大敗し、甲子園には出場できなかった。

亜細亜大学へ進学。東都大学リーグでは在学中に2度の優勝を経験。1年上に森永悦弘、西尾敏征(電電中国)の両投手がおり、4年生時には山本和行が台頭したため、あまり登板機会には恵まれなかった。リーグ通算22試合に登板し3勝6敗。

1969年のドラフトで東映が3位指名するも拒否し、社会人の日産自動車に入社。1970年の都市対抗に本田技研の補強選手として出場する。準々決勝に進み住友金属と対戦。河本昭人をリリーフし山中正竹らと投げ合うが、延長11回裏にサヨナラ押し出し四球を与え惜敗した「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年。

1971年、ドラフト1位で阪急に入団。監督の西本幸雄の期待が大きかったが、3年で3対2の交換トレード(大石弥太郎、白石静生←→児玉好弘、宮本幸信、渡辺弘基)で広島へ移籍。貴重な中継ぎ左腕として1975年には55試合に登板し広島初優勝に大きく貢献したカープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P32。特にオールスターゲーム明けの後半戦は28試合、50回1/3を投げ、防御率は0.55だった。古葉竹識監督は胴上げ後に「渡辺こそ、陰のMVPだ」と語った。同年の日本シリーズでも3試合に登板。翌1976年も当時のセ・リーグ最多登板記録を更新する73試合に登板する等、タフな投手だった。スリークォーターからの落差の大きいカーブが武器。その後は故障もあり成績は下降し、1979年現役引退。

1980年から1991年までは、広島ホームテレビの野球解説者として活動した。その一方で実業家・起業家としても名を馳せ、宝飾品関連会社を起業し、現在は広島市内でイベント企画の会社を経営している。そのためか各地からの講演依頼も多い。

2006年10月6日、アマチュア指導者となるため27年ぶりに自由契約選手になった。

2009年4月18日からは広島ホームテレビの『あっぱれ!熟年ファイターズ』に2017年12月30日の番組終了までメインMCとして出演した。

詳細情報

年度別投手成績

阪急5000000--------266.231400500333.861.05
352000100--1.00022554.04222812293020162.671.30
広島550000331--.50032377.26832422402018161.851.18
732000235--.40037187.28683433412039353.581.37
390000021--.00015029.14261513210025185.591.94
330000210--.66715735.13261701201023225.661.39
90000000------409.0132401400777.001.89
通算:7年2494000897--.4711292299.228628126712160801351173.511.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録

  • シーズン73試合登板:セ・リーグシーズン最多登板記録(当時)、1976年10月22日の対大洋戦ダブルヘッダー第2試合に73試合目の登板で達成ベースボールマガジン社刊「広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009」53ページ。

背番号

  • 41 (1972年 - 1974年)
  • 24 (1975年 - 1979年)

出演番組

テレビ

過去
  • HOMEフレッシュモーニング(広島ホームテレビ(HOME)) コーナー「ナベさんのカープはおまかせ」を担当
  • 熟年ファイターズ〜満開人生のススメ(2008年12月27日、HOME) MC
  • あっぱれ!熟年ファイターズ (2009年4月18日 - 2017年12月30日、HOME) MC

CM

  • 一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり(2018年3月 - )

関連項目

  • 福岡県出身の人物一覧
  • 亜細亜大学の人物一覧
  • 広島東洋カープの選手一覧
  • オリックス・バファローズの選手一覧
  • 山本和行(亜細亜大の2年後輩)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/07 04:04 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「渡辺弘基」の人物情報へ