児玉高志 : ウィキペディア(Wikipedia)

児玉 高志(こだま たかし、1951年4月7日 - )は、日本の映画監督、東京工芸大学芸術学部映像学科教授児玉高志 日本映画監督協会会員名鑑 2018年8月11日閲覧。。東京都出身。

来歴

千葉大学卒業後、1975年に日活に助監督として入社。白鳥信一藤井克彦に師事。1982年に『受験慰安婦』で監督デビュー。1985年に、にっかつを退社。1987年より、半沢浩のフィルム・シティに所属。

1988年にロマンポルノのアンソロジー映画『ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み』で構成・監督を手掛け、17年間続いたロマンポルノの終焉に花を添えた。

その後、Vシネマやテレビの平成ウルトラマンシリーズなどでメガホンをとった。

父は映画評論家の児玉数夫。

主な作品

映画

監督

  • 『受験慰安婦』(1982年)
  • 『ケンちゃんちのお姉さん』(1983年)
  • 『制服ワイセツ犯 性魔』(1986年)
  • 『実録ソープ嬢スキャンダル 裂く!』(1987年)
  • 『ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み』(1988年)- 構成・監督
  • 『熱血ゴルフ倶楽部』(1994年)- 一般映画デビュー作
  • 『誘う女』(1995年)

プロデューサー

  • 『踊る乳房』(1984年)
  • 『妖艶・肉縛り』(1987年)
  • 『冴島奈緒 アクメ記念日』(1988年)
  • 『女帝』(2000年)

テレビ

  • 『ウルトラマンダイナ』(1998年)
  • 『ウルトラマンガイア』(1998年)

関連事項

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/06/24 10:18 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「児玉高志」の人物情報へ