グリンダ・チャーダ : ウィキペディア(Wikipedia)

グリンダル・チャッダー OBEGurinder Chadha OBE、1960年1月10日 - )は、イギリスの映画監督。

来歴

私生活

ケニヤ・ナイロビにて、インド人両親の間に生まれ、ロンドンのインド人街であるサウスオールで育つ。

日系アメリカ人の映画プロデューサーであるポール・マエダ・バージェスと結婚。2007年6月には双子(ロナク、クミコ)を出産。

キャリア

BBCラジオのレポーターであったが、BBCでドキュメンタリーを制作するようになる。その後、商業映画を手がけるようになり、サッカー選手にあこがれる少女を描いた『ベッカムに恋して』やアイシュワリヤー・ラーイ主演の『Bride & Prejudice』(『高慢と偏見』のインド版リメイク)などで高い評価を得る。

2006年にはこれまでの功績が称えられ、イギリス王室から大英帝国勲章(OBE)を授与された。2007年には人気テレビシリーズ『ダラス』の映画化を手がける予定であったが、企画から降りた模様。

主な監督作品

  • ベッカムに恋して Bend It Like Beckham (2002)
  • パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006)
  • ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日 Angus, Thongs and Perfect Snogging (2008)
  • 英国総督 最後の家 Viceroy's House (2017)
  • カセットテープ・ダイアリーズ Blinded by the Light (2019) 兼製作・脚本

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/06 16:52 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「グリンダ・チャーダ」の人物情報へ